ポール・ジアマッティ(Paul Giamatti)

2013年1月31日 (木)

ポール・ジアマッティ、『アメイジング・スパイダーマン2』のライノ役として出演交渉中

ポール・ジアマッティポール・ジアマッティが、『アメイジング・スパイダーマン2』に出演するための交渉中のようだ。現在ポールはヴィランのライノ役として出演交渉の最中で、同じくフェリシティ・ジョーンズも役柄は未定だが出演交渉中だという。ライノは、1966年に発売された原作コミック「アメイジング・スパイダーマン」第41話に旧ソ連圏からの刺客として初登場し、サイを模したスーツを着ることで超人となる敵キャラだが、その後のエピソードではスパイダーマンの味方になっている。そんなライノについて、以前ポールは子どもの時からのお気に入りのキャラクターだと語り、役へのアピールをしていた。同続編には、アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーンの続投の他、ジェイミー・フォックス、シャイリーン・ウッドリー、デイン・デハーンの参加も決まっている。

2009年8月24日 (月)

『The Three Stooges』のショーン・ペンの代役にポール・ジアマッティ

ショーン・ペンが『三ばか大将』のリメイク版コメディ『The Three Stooges』を降板したのを受け、『シンデレラ・マン』のポール・ジアマッティが代役に決定したことが明らかになった。ジアマッティは、当初ショーン・ペンが演じるはずだったラリー役に決まっていたが、カーリー役に決まっていたジム・キャリーが何故か降板。モー役のベニチオ・デル・トロの出演は決まっているが、秋から撮影開始予定になっているため、大急ぎでカーリー役を探しているようだ。

Photo:Rex Features/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ