パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)

2017年9月15日 (金)

パティ・ジェンキンス監督、『ワンダーウーマン』続編に向けて遂に正式契約!?

パティ・ジェンキンスパティ・ジェンキンス監督が『ワンダーウーマン』続編に向けて遂に正式に交わしたと報じられている。ガル・ガドット主演の同大ヒット作でメガホンを取ったジェンキンスは、第2弾続投に向けて数か月に渡る話し合いを行っていたが、遂に心を決めたと言われている。ジェンキンスは待望のシリーズ第2弾で脚本、監督、プロデューサーを兼任し、800万ドル(約8億8000万円)のギャラを受け取ることになるとみられており、これは女性監督として史上最高の額となる。さらには公開後の興行収入の一部も得ることになるようだ。そんなジェンキンス監督は第1弾の海外での公開直後、本人も驚くほどのそのヒットぶりにシリーズ監督続投を囁かれていた。

2017年8月22日 (火)

パティ・ジェンキンス監督、『ワンダーウーマン2』の報酬値上げ交渉中

パティ・ジェンキンスパティ・ジェンキンス監督が『ワンダーウーマン2』に向けて大幅な値上げ交渉の最中だという。ジェンキンス監督は今月25日からついに日本公開となる『ワンダーウーマン』を監督し、すでに海外で8億ドル(約870億円)を超す興行収入をあげていることで、同レベルの監督たちと同じだけの報酬を保障するために実質的な値上げを要求していると言われている。スタジオ関係者によれば、交渉は間もなく合意に至る見込みで、もしこの契約が成立すれば、ジェンキンス監督は最も報酬の高い女性監督となる。ワーナー・ブラザースは先日、『ワンダーウーマン2』が2019年12月13日に公開され、ガル・ガドットが主役を再演することを発表していた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ