パメラ・アンダーソン(Pamela Anderson)

2016年4月26日 (火)

パメラ・アンダーソン、映画版『ベイウォッチ』出演へ

パメラ・アンダーソンオリジナルドラマ作に出演していたパメラ・アンダーソンが、映画版『ベイウォッチ』にも出演することになった。1992年から1997年にかけて放送されていたドラマ作でC.J.パーカー役を演じていたことで知られるパメラが映画版にも出演することになった。映画版の主演の1人であるドウェイン・ジョンソンはC.J.パーカーという存在とこの世代の最も象徴的なキャラクターを世界に広めた人物だとするパメラの参加を喜んでいるとインスタグラムで伝えている。カリフォルニアのライフガード達の姿を描く本作は、ダミアン・シャノンとマーク・スウィフトが執筆した脚本を基に『モンスター上司』などで知られるセス・ゴードンが監督を務める。石油王の手からカリフォルニアのビーチを守るためにドウェインがザック・エフロン演じる若手ライフガードとイヤイヤ手を組むことになる姿を描いた新作は、来年5月に公開予定だ。

2015年12月 8日 (火)

パメラ・アンダーソン、プレイボーイ誌最後のヌード掲載号の表紙を飾る

パメラ・アンダーソンパメラ・アンダーソンがプレイボーイ誌最後のヌード掲載号の表紙を飾ることになった。1989年に初めて同誌に登場してから現在まで15回表紙を飾ってきたパメラだが、プレイボーイの発刊者ヒュー・ヘフナーの代理人からこのオファーを受けた際、まずは10代の自身の息子達に意見を求めたそうだ。すると大人になりパメラの仕事のことを理解してくれている息子達はハイタッチをするくらい賛成してくれたのだという。さらに、パメラはヘフナーが自身の人生で大きな存在であると語り、同誌の表紙モデルに自分が再び選ばれることになるとは思ってもいなかったと続けた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ