ワン・ダイレクション(One Direction)

2015年11月12日 (木)

ワン・ダイレクション、英国で最もリッチな若者セレブに選出!

ワン・ダイレクションワン・ダイレクションがイギリスの芸能界における30歳以下高所得者として3年連続で1位に輝いた。ヒート誌が毎年発表するこのランキングで1位に君臨したワン・ダイレクションは、グループ全体で8208万ポンド(約152億6600万円)を稼ぎ出しており、今年同グループを脱退したゼイン・マリクも個人的に推定2052万ポンド(約38億1700万円)稼いだとして第8位にランクインしている。2位には「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのダニエル・ラドクリフが6580万ポンド(約122億4100万円)、3位にはロバート・パティンソンが5104万ポンド(約96億9600万円)が続いている。新曲「Hello」が大ヒット中のアデルは3810万ポンド(約70億8800万円)で4位にランクインし、エマ・ワトソンが3533万ポンド(約65億7400万円)稼ぎ5位につけた。この長者番付にはイギリス出身、もしくは人生のほとんどをイギリス国内で過ごしている30歳以下の芸能人を対象としたものである。

2014年5月14日 (水)

ワン・ダイレクション、『ワン・ダイレクション THIS IS US』続編撮影中

ワン・ダイレクションワン・ダイレクションが、『ワン・ダイレクション THIS IS US』続編を撮影中のようだ。現在「ウェア・ウィー・アー」ワールドツアー中の同バンドは、同時に続編となる新作映画の撮影中であることを発表した。監督のモーガン・スパーロックは、現在ベン・ウィンストンがバンドに同行してワールドツアーの様子を撮影しているところであると明かしており、1Dの音楽プロデューサーであるサイモン・コーウェルは自信作であった『ワン・ダイレクション THIS IS US』がアカデミー賞で歌曲賞のノミネートすらされなかったことにがっかりしていたため、今度こそアカデミー賞受賞を狙っていると話している。

2013年3月27日 (水)

クリステン・スチュワートとワン・ダイレクション、キッズ・チョイス・アワードで最多2冠に輝く

クリステン・スチュワートクリステン・スチュワートとワン・ダイレクションが、3月23日に行われた子供向け専門チャンネルのニコロデオンが主催するキッズ・チョイス・アワードで最多受賞を果たした。ロサンゼルスで毎年開催される同アワードで、ワン・ダイレクションはお気に入り音楽グループ賞を受賞しただけでなく、シングル「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」でお気に入りソング賞も獲得している。一方のクリステンはタイトルロールを演じた『スノーホワイト』でお気に入り女性バットキッカー賞を獲得し、『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2』のベラ・スワン役でもお気に入り映画女優賞を受賞、計2冠に輝いている。

2012年12月28日 (金)

ワン・ダイレクションの「最高で一番のファン」が新作3D映画に出演できることが決定!

ワン・ダイレクションワン・ダイレクションが、製作が決まった3Dドキュメンタリー映画のためにファンたちに対してYouTubeにビデオを投稿するように呼びかけている。来年8月30日に公開予定の同作に熱狂的なファンのエピソードを交える予定だそうで、ファンに対してワン・ダイレクションにまつわる最高の体験談を教えて欲しいと呼びかけている。中でもラッキーなファンの数名は同ドキュメンタリー映画に出演することができるのだとか。ゼイン・マリクの説明によれば、ファン同士の感動的な交流談や、自分がワン・ダイレクションの最高で一番のファンだということを証明するためにやらかしたクレイジーなことなどのエピソードが採用される可能性が高いとか。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ