ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)

2016年11月25日 (金)

ニコール・キッドマン、トム・クルーズを初めて見た時の衝撃を明かす

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンは初めてトム・クルーズを目にした際、その存在感に圧倒されてしまったそうだ。後には11年間もの結婚生活を送るになったニコールとトムだが、1990年作『デイズ・オブ・サンダー』の撮影現場で初めて会った際、ニコールはトムをあがめていたと明かした。「私がすごく緊張していたところにトム・クルーズがたしかポルシェでやってきたの。車から彼が下りてきて、歩いてきた時、私はまさに『うわぁ』って愕然としたの」「それで私はトニー・スコットの前でオーディションを受けなければいけなかったんだけど、そこには(プロデューサーの)ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー、ロバート・タウンとトムというそうそうたるメンバーがいたの。私は『こんなの受かるなんてあり得ないわ』って思ったわ。でもその昼に電話をもらって、仕事がもらえたの」「私は『オーマイゴッド、お母さん!』って感じで、とにかく一大事だったわ。それにもちろん私の人生をものすごく変えたわけ。だからあの映画とそこにまつわる全てに感謝しているわ。あれは私の人生において大きく重要な作品だったわ」

2016年3月 3日 (木)

ニコール・キッドマン、オリヴィエ賞にノミネート!

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンが舞台「Photograph 51」での演技が評価され、今年度のオリヴィエ賞にノミネートされている。ロンドンで2か月間にわたり公演されたアナ・ジーグラー脚本の同舞台作品の中でニコールはDNA研究員のロザリンド・フランクリンを演じていた。ちなみにニコールは同役ですでにロンドン・イブニング・スタンダード・シアター賞、ワッツ・オン・ステージ賞で最優秀女優賞を獲得している。イギリスのミュージカル界を称えるこの賞には、ニコールのほかにも先日アカデミー賞を獲得したマーク・ライランスやベネディクト・カンバーバッチもノミネートされている。そんなニコールはこの舞台の終了時、また是非舞台に立ちたいと意気込みを語っていた。

2015年11月 6日 (金)

ニコール・キッドマン、『ワンダーウーマン』出演へ?

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンが、新作『ワンダーウーマン』への出演交渉を行っていると報じられている。ニコールはガル・ガドットとクリス・パインが出演するDCコミックの同新作映画の中で高位のアマゾン族役に向けて話し合いを進めているという。この作品はベン・アフレックとヘンリー・カヴィル主演の新作『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス』で初登場する予定のガル演じるワンダーウーマンのソロデビュー作となる予定となっている。そんな話題作への出演が囁かれるニコールだが、先日9年前に家族と共にナッシュビルに引っ越して以来、ハリウッドの生活が恋しくなったことはないと明かしていた。

ケイト・ウィンスレット、ブリティッシュ・アイコン・アワードを受賞

ケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット、シエナ・ミラー、ニコール・キッドマンらが、ハーパーズ・バザー・ウィメン・オブ・ザ・イヤー・アワードに輝いた。11月3日、ロンドンにあるクラリッジス・ホテルで開かれた式典でその才能と成功を称えられた。一方でシエナは『アメリカン・スナイパー』と新作『Mississippi Grind』での演技を評価されて主演女優賞に、ニコールはロンドンのウエストエンドで上演中の「Photograph 51」におけるロザリンド・フランクリンの演技でシアター・アイコン賞を獲得した。ハーパーズ・バザー誌の12月の表紙を飾っている『シンデレラ』でおなじみのリリー・ジェームズはブレイクスルー・アワードに選出されたほか、ララ・ストーンがモデル・オブ・ザ・イヤーに、ドラマ『ザ・アフェア』のルース・ウィルソンがアウトスタンディング・パフォーマンス賞、エリー・ゴールディングがミュージシャン賞に、ロンドン出身のデザイナーであるアーデム・モラリオグルがマン・オブ・ザ・イヤーにそれぞれ輝いた。

2015年10月 8日 (木)

トム・クルーズの娘が結婚?

イザベラ・クルーズトム・クルーズとニコール・キッドマンの養子の娘イザベラ・クルーズが結婚したと報じられている。9月18日、ロンドン市内にあるドーチェスターホテルでITコンサルタントのマックス・パーカーとイザベラが小さな結婚式を挙げたようだ。イザベラとマックスはごく親しい友人たちだけと小さな結婚式を開きたかったようで、式にはトムをはじめ、現在ロンドンで舞台「フォトグラフ51」に出演中のニコールも参列しておらず、マックスの両親さえも参列していなかったという。この結婚式や披露宴の費用はトムが支払ったと言われる中、マックスがトムの所属する宗教団体サイエントロジーのメンバーでないことをトムはあまり良く思っていなかったという説もあるが、その一方でマックスの5人の友人代表のうち2人がサイエントロジーのメンバーであったとも報じられている。イザベラは今年、名門デラマー・アカデミー・オブ・メイクアップ・アンド・ヘアーを卒業した後、現在はロンドンに暮らしながら美容師として働いている。

2014年7月 8日 (火)

ニコール・キッドマン、ウエスト・エンドの舞台に2作連続出演へ!?

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンが、再びウエスト・エンドの舞台に立つようだ。1998年に同地で「ブルー・ムーン」に出演し、ロンドンの観客を魅了したニコールが、2作連続出演に向けて複雑な交渉を行っているところだという。ニコールが候補に挙がっているのはイワン・ツルゲーネフ著作のコメディ作「A Month In The Country」のロシアの富豪の気まぐれな妻ナタルヤ役で、息子の家庭教師と恋に落ちるものの、使用人の1人もまたその若い男性に恋心を抱いていると知ってショックを受けるという役どころだ。ニコールは2作目も実現に至ると見込んでいるものの、その作品名や演じる予定の役どころについては明かしておらず、少なくとも1作は実現させたいと意欲を見せている。

2013年4月26日 (金)

ニコール・キッドマンとアン・リー、カンヌ国際映画祭の審査員に決定

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンとアン・リーが、今年のカンヌ国際映画祭の審査員に加わった。ニコールとリーは先に審査委員長に決まっているスティーヴン・スピルバーグに加わり、今年の同映画祭で最高賞パルム・ドールの受賞作を決定するために審査を行うと発表された。今年2月に開かれたアカデミー賞では監督賞をかけて争ったスピルバーグとリーだが、カンヌでは最高賞に輝く受賞作を選ぶために力を合わせることになる。また、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・オートゥイユ、ルーマニア人監督クリスティアン・ムンジウ、河瀨直美、リン・ラムジー、そしてインド人女優ヴィディヤ・バランなども審査を担当する。

2013年4月 8日 (月)

ニコール・キッドマン、新作『Anchorman: The Legend Continues』にカメオ出演

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンが、『俺たちニュースキャスター』の続編『Anchorman: The Legend Continues』にカメオ出演することになった。ニコールはウィル・フェレル主演の同新作で、出演者としてクレジットされない端役を演じるようだが、具体的な役柄はまだ明かされていない。さらに、ヴィンス・ヴォーンとルーク・ウィルソンの2人も、ライバルのアナウンサーであるウェス・マントゥース、フランク・ヴィチャードとしてカメオ出演することが決定している。主人公のウィルをはじめ、スティーブ・カレル、ポール・ラッド、クリスティナ・アップルゲイト、デヴィッド・ケックナーの5人の続投も決定しており、最近にはグレッグ・キニア、クリスティン・ウィグ、ジョシュ・ローソンもキャスティングされている。また、ハリソン・フォードが伝説のキャスターを演じるとか。

2013年2月12日 (火)

コリン・ファース、「わたしが眠りにつく前に」映画化作品でニコール・キッドマンと2度目の夫婦役へ

コリン・ファースコリン・ファースが新作スリラー『Before I Go To Sleep』に出演することが決定した。英作家SJ・ワトソンの著作「わたしが眠りにつく前に」の映画化作品となる本作は、ニコール・キッドマン演じる、毎朝目覚める度に前日までの記憶が失われてしまう特殊な記憶障害を持つ主人公と長年連れ添った夫のストーリーだ。日々の出来事を書き留めるため日記をつけている主人公だが、ある日医師を名乗る若い男から電話があり、意味深な忠告を受ける。コリンはニコールの献身的な夫役を演じるという。そんなコリンとニコールは第二次世界大戦中が舞台の新作『The Railway Man』でも夫婦役を演じており、撮影を終えたばかりだ。真田広之も共演している同作で、コリンは日本軍に捕われたイギリス兵を演じ、主人公が自分を捕らえた日本軍の兵士と30年後に再会するという実話を描いたストーリー。

2012年10月22日 (月)

リー・ダニエルズ、ジャニス・ジョプリンの伝記映画『Get It While You Can』を監督!?

リー・ダニエルズリー・ダニエルズが、1970年に夭折した伝説のシンガーソングライター、ジャニス・ジョプリンの伝記映画『Get It While You Can』で監督を務めるための交渉中だ。本作には以前からエイミー・アダムスの出演が決まっていたものの、監督の座が空席だった。ジャニスは1960年代に大活躍したが、27歳の時にヘロインの過剰摂取で若くして命を落としている。『プレシャス』でお馴染みのリーはすでに、ホワイトハウスで8代に渡る歴代アメリカ大統領の執事を務めたユージン・アレンの生涯を描いた『The Butler』やマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の暗殺事件を描く『Orders to Kill』など伝記映画を手がけている。さらにリーがメガホンを取り、ニコール・キッドマン、ザック・エフロン、マシュー・マコノヒーらが共演した『The Paperboy』は現在全米公開中だ。『Get It While You Can』は来年初頭にもクランクイン予定。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ