ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp)

2022年6月 3日 (金)

人気ゲーム『グランツーリスモ』が映画化へ!?

ニール・ブロムカンプゲーム「グランツーリスモ」シリーズの映画化が企画されており、監督にニール・ブロムカンプ(42)の名前が挙がっているという。『デモニック』が記憶に新しいブロムカンプ監督は、同人気ドライビングゲームの映画化へ向けてソニー・ピクチャーズとプレイステーション・プロダクションズと話し合いに入っているそうだ。同企画は現在のところ初期段階にあり、詳細は明らかになっていない一方で、最近浮上していた同ゲームのテレビドラマ化の噂は事実ではないと報じられている。山内一典氏により考案され、ポリフォニー・デジタルが開発した同ゲームは、1997年に第1弾が発売、精密な挙動やグラフィックで最も現実に近いドライビングシュミレーションゲームの一つとして世界的な人気を誇っており、今年発売された『グランツーリスモ7』は8500万本のセールスを記録している。両社は、トム・ホランド主演で同名ゲームを映画化した『アンチャーテッド』が興行面で好成績を収めていることもあり、ゲームの映画化に意欲的なようで、『ゴースト・オブ・ツシマ』の映画版にも着手している。

2017年6月 7日 (水)

ニール・ブロムカンプ、『エイリアン5』お蔵入りを認める

ニール・ブロムカンプニール・ブロムカンプが『エイリアン5』製作の話が完全に立ち消えになったことを認めた。以前にはブロムカンプ製作兼監督により人気シリーズ第5弾が製作されるという話が浮上していたものの、シリーズの生みの親であるリドリー・スコットが先日には脚本さえも出来ていないため実現は難しいだろうと発言しており、今回ブロムカンプ自らがその事実を認めた。2015年に『第9地区』などで知られるブロムカンプがソーシャルメディアでコンセプト画像を発表したことで、シリーズのファンの間では期待が高まっていた。その一方でブロムカンプは、『第9地区』の続編の計画があることを明かしている。

2015年2月20日 (金)

ニール・ブロムカンプ監督、リブート版『エイリアン』製作へ

ニール・ブロムカンプニール・ブロムカンプ監督が、リブート版『エイリアン』の製作をスタートさせるようだ。この映画についてはここ数週間さまざまな憶測が飛び交っていたが、今回ブロムカンプ監督が20世紀フォックスと同意し製作していくことになったようだ。現在タイトル未定のこの作品はリドリー・スコット監督の『プロメテウス』の続編とは違う作品になり、『プロメテウス』続編から何年も未来の話を描いたものになるとバラエティが伝えている。ブロムカンプ監督は先日、新作『チャッピー』の撮影中にオリジナル版『エイリアン』の出演者であるシガニー・ウィーバーと本作について話したといういうが、現在のところシガニーがこの新作映画に再び出演するかは分かっていない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ