ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)

2017年8月23日 (水)

ナタリー・ポートマン、母になってからの心境の変化を吐露

ナタリー・ポートマンナタリー・ポートマン(35)は母親となってから自身の美のメンテナンスに関して変わってきたという。6歳の息子と今年2月に生まれた赤ちゃんがいるナタリーだが、自身の美しさや肌に関して完璧でいようとする姿勢に現在違和感があるとし、外見のメンテナンスはあまりしていなく、小さな赤ちゃんを抱えてそんなことにこだわっているのは変だと語っている。また最近プロのヘアスタイリストやメークアップアーティストを自宅に呼ぶことが出来るというアプリPRIVを使い自宅でマニキュアやペディキュアを施してもらっていることも明かしている。これからアナ・ローズ・ホルマーが監督予定の女性ロデオ騎手を描く映画『ブロンコ・ベル』に出演予定のナタリーだが未だ映画の中で女性が複雑な個人としてではなくモノ化されていると指摘し、映画界は女優に対し、他の業界と同様確固とした役割を与えてくれるのにはまだまだ時間がかかると考えているようだ。

2017年3月 7日 (火)

ナタリー・ポートマンに第2子誕生!

ナタリー・ポートマンナタリー・ポートマン(35)に第2子が誕生した。ナタリーが夫ベンジャミン・ミルピエとの第2子となる女児アマリアちゃんを先月22日に出産したことを、代理人が発表した。ナタリーの代理人によれば、母子ともに健康だという。2012年にカリフォルニアで挙式したナタリーとベンジャミンにはすでに5歳の息子アレフ君がいる。今年1月に行われたインタビューの中でナタリーは、第2子の名前は顔を見てから決めるつもりだと明かしていた。『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていたナタリーだったが、先月26日(日)に行われた授賞式の前に出産間近のために出席を辞退すると発表していた。

2016年12月12日 (月)

『ラ・ラ・ランド』、今年度の放送映画批評家協会賞で8冠!

エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』が2016年度放送映画批評家協会賞で8冠に輝いた。デミアン・チャゼル監督が描く壮大なミュージカル映画は最高賞となる作品賞をはじめ、監督賞、撮影賞、美術賞、編集賞、オリジナル脚本賞、作曲賞、歌曲賞を受賞した。12月11日(日)カリフォルニアのサンタモニカにあるザ・バーカー・ハンガーで開催された式典でチャゼル監督は、主演男優賞と女優賞にノミネートされていたものの惜しくも受賞を逃したライアン・ゴズリングとエマ・ストーンに賞賛の声を送った。その一方で主演女優賞は映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の中で元米大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じたナタリー・ポートマン、主演男優賞は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックが獲得した。ライアン・レイノルズはエンターテイナー・オブ・ザ・イヤーのほか、最優秀コメディ映画賞を獲得した『デッドプール』でコメディ部門主演男優賞も受賞している。

2015年10月26日 (月)

ナタリー・ポートマン、世界で最もセクシーなベジタリアンに選出!

ナタリー・ポートマンナタリー・ポートマンが、世界で最もセクシーなベジタリアンに選ばれた。昨年菜食主義になったばかりでランキング2位につけたマイリー・サイラスとは対照的に、ナタリーは幼い時に自身で肉を食べないことを選択して以来ずっと菜食主義を貫いているという。3位にランクインしたのはナオミ・ワッツで、その後を菜食主義を勧める本まで執筆した青春映画『クルーレス』でもお馴染みのアリシア・シルヴァーストーンが4位、ミシェル・ファイファーが5位に続いた。一方男性部門ではホアキン・フェニックスが世界で最もセクシーな男性ベジタリアンの称号を手にし、2位にトビー・マグワイア、3位にクリスチャン・ベールがそれぞれランクインした。この結果を受け、今回の調査を行ったフォルツァ・サプリメンツ社は良いルックスを得るために肉を食べる必要がないことを表しているとしている。

2015年9月 7日 (月)

『ブラック・スワン』がベッドシーン投票でトップに!

ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス『ブラック・スワン』でのナタリー・ポートマンとミラ・クニスのベッドシーンが史上最高のセックスシーンに選ばれた。このダーレン・アロノフスキー監督によるサイコスリラー作でバレリーナを演じた2人は、劇中で情熱的なキスを交わし、お互いの服を破り捨てるというシーンで見る人に鮮烈な印象を与えており、ヴァウチャーズコードプロ社が行った今回の投票でイギリスの成人から集められた2,124票のうちトップに輝いた。2位には2004年のロマンチックドラマ『きみに読む物語』でのライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスのラブシーンがランクインしており、『ブロークバック・マウンテン』でのジェイク・ギレンホールとヒース・レジャーのシーンが3位と続いた。そのほかにも『タイタニック』や『プリティ・ウーマン』『ダーティ・ダンシング』などがランク入りを果たしている。『ブラック・スワン』でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を受賞しており、2人のキスシーンはMTVムービー・アワードでもキス賞に輝いていた。

2015年5月12日 (火)

ナタリー・ポートマン、新作伝記映画で米連邦最高裁判事役に

ナタリー・ポートマンナタリー・ポートマンが、新作映画『The Basis Of Sex』で、実在したアメリカの最高裁判事ルース・バッダー・ギンズバーグ役の有力候補に挙がっているという。ダニエル・スティープルマンの脚本を元に、女性の権利に向けて熱心な活動を行ったことで知られるギンズバーグの比類ないキャリアを描くこの新作伝記映画に向けては、『Diary Of A Teenage Girl』のマリエル・ヘラー監督が交渉中を進めているところだ。この作品内ではキンズバーグが男女平等についての初の法律ジャーナルを共同設立したことをはじめ、コロンビア大学で女性初の終身地位保証された教授となり、ビル・クリントン政権下の1993年に女性で2番目、ユダヤ系女性で初の最高裁判事に選出されたことに焦点が置かれることになるようだ。

2014年11月28日 (金)

ナタリー・ポートマン、ジョブズ伝記映画に出演か?

ナタリー・ポートマンナタリー・ポートマンが、スティーブ・ジョブズ伝記映画へ出演交渉中のようだ。2011年に56歳の若さですい臓がんによりこの世を去ったジョブズの伝記映画に重要な役どころで出演交渉が行われているというナタリーだが、今のところ詳細はまだ明かされていないとデッドラインが報じている。同作の企画が立ち上がってからというもの、さまざまな問題が起こり、製作会社であったソニー・ピクチャーズが撤退する事態が起きていたが最近になってユニバーサル・スタジオが同作の版権を買い取っていた。キャスティングにおいても、レオナルド・ディカプリオの主演辞退に続きクリスチャン・ベイルの降板と主役のジョブズ役を演じる俳優がなかなか決まらず難航している状況だ。ナタリーは初めて監督を務めた映画『A Tale Of Love And Darkness』の編集作業に入っているほか、『Jane Got A Gun』や『Knight Of Cups』など数作の出演作公開が控えている。

2013年11月27日 (水)

ナタリー・ポートマン主演作『Jane Got a Gun』、全米公開日が来年8月に決定

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン主演最新作『Jane Got a Gun』の全米公開日が来年8月29日に決まった。3月にリン・ラムジーが監督の座から降りて以降、ギャヴィン・オコナーが後任としてメガホンを取っていた。スターたちの出演辞退が相次ぎ何かとトラブルが続いたが、最近になってプロデューサー陣は、プロダクション開始日の前日に予告なく降板したリンを訴えることを表明したばかりだ。主演のナタリーは本作で、ノア・エメリッヒ扮する夫をギャング団から守るために昔の恋人であるガンマンを頼ることになってしまう女性を演じる。またジョエル・エドガートンが元恋人を、ユアン・マクレガーがギャングのボスを演じる予定だ。

2013年9月12日 (木)

ナタリー・ポートマン、フランス国籍の取得へ

ベンジャミン・ミルピエ、ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマンがフランス市民になることを計画している。フランス人振付師の夫であるベンジャミン・ミルピエと同じ国籍を法的に取得しようと希望しているというナタリーは、欧米の両方で受け入れられるように名前の綴りまで変更しようと検討しているほどだという。すでにアメリカとイスラエルの二重国籍を持つナタリーが、さらにフランスの国籍を取得できるのかは不明であるものの、フランスびいきの環境で育ったというナタリーは前向きに検討しているようだ。そんなナタリーとベンジャミンの夫妻は、ベンジャミンのパリ・オペラ座での仕事に合わせて、2歳になる息子のアレフ君を連れて来年にもパリへの移住を計画しており、すでに家探しを始めている。

2013年8月15日 (木)

ナタリー・ポートマン、早くも「マイティ・ソー」シリーズ第3弾の製作が進行中と明かす!?

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマンが、「マイティ・ソー」シリーズ第3弾の製作が進行中だと仄めかした。来年2月に日本公開が予定されている第2弾『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でもジェーン・フォスター役を続投しているナタリーは、同シリーズの第1作目および2作目で共演しているアンソニー・ホプキンスがシリーズ続行を望んでいるとコメントしたことに関して聞かれ「スタジオ側も第3弾を製作するつもりだ」と発言した。全米ではこの秋封切りとなる『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』では、クリス・ヘムズワース扮する主人公の戦士ソーが、クリストファー・エクルストン演じるダークエルフの支配者マレキスと対決するストーリーが展開される。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ