ナオミ・ハリス(Naomie Harris)

2019年9月17日 (火)

ナオミ・ハリス、脊椎側彎症の過去を告白

ナオミ・ハリスナオミ・ハリスが脊椎側彎症を患っていた過去を明かしている。当時11歳だったナオミは、思春期を迎える前の成長期に脊椎が横方向に彎曲したり、ねじれる同症状に悩まされていたそうで、手術が必要なほど悪化したため、1か月間入院し、歩行訓練を受けたという。脊柱に金属の棒を入れられ、再び歩き方を学ぶことはトラウマ的経験であったというナオミだが、自身より酷い症状の子供たちが入院していることを知って、健康でいることの有難みを噛みしめたそうだ。そんなナオミは現在、健康的な食事や毎日の運動、酒やカフェインを摂取することを避け、定期的に瞑想することで頭を空っぽにするなど、自分の体を気遣った生活を送っているようだ。

2016年11月29日 (火)

『Moonlight』、2016年度ゴッサム・インディペンデント映画賞で4冠

ナオミ・ハリスバリー・ジェンキンス監督作『Moonlight』が、2016年度ゴッサム・インディペンデント映画賞で4冠に輝いた。『007 スペクター』のナオミ・ハリス、歌手であり女優のジャネール・モネイが出演したこのジェンキンス監督作は作品賞、脚本賞、アンサンブル賞、観客賞を受賞した。11月28日(月)にニューヨークのチプリアーニ・ウォール・ストリートで開催された授賞式ではほかに、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックが主演男優賞、『Elle』のイザベル・ユペールが主演女優賞を受賞している。またエイミー・アダムス、イーサン・ホーク、オリバー・ストーンがフィルム・トリビュート賞を授与され、インダストリー・トリビュート賞はニュー・リージェンシー・フィルムズの経営者であるアーノン・ミルチャンが獲得した。

2012年9月24日 (月)

レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリスら『007 スカイフォール』のキャストが次作でも続投!?

レイフ・ファインズレイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーら『007 スカイフォール』の主要キャスト陣が「007」シリーズ次回作24作目でも続投する可能性があると報じられている。24作目は1年半以内には撮影が開始される予定で、主演のダニエル・クレイグもジェームズ・ボンド役の続投が決まっている。さらに、ダニエルとボンドガールのセヴェリーヌを演じているベレニス・マーロウは、『007 スカイフォール』の公開に先立って、TVやオンライン上でのハイネケンのCMに出演している。同CMでは、映画さながらのアクションが展開されており、「007」シリーズの伝説的キャラクターであるドクター・ノオも登場している。

2011年6月24日 (金)

ナオミ・ハリス、「007」の極秘オーディションを受けていた

ナオミ・ハリスナオミ・ハリスが、「007」シリーズ最新作に向けた極秘のオーディションを受けていたことを明らかにした。脚本さえも読むことが許されなかったというナオミは、サム・メンデス監督がどんな役柄をオファーしているのか、全く想像もつかなかったという。これまで数々のオーディションを受けてきたナオミだが、脚本も見られないというのは今回が初めてだったとか。噂どおり知的なボンドガールを演じることになるかは本人にも分からないようだが、ナオミは家族揃って「007」ファンだそうで、出演できれば大感激だと話している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ