モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)

2017年10月23日 (月)

モーガン・フリーマン、元米国務長官の伝記映画『パウエル』で主演へ

モーガン・フリーマンモーガン・フリーマン(80)が元アメリカ国務長官コリン・パウエルの伝記映画『パウエル』に出演することになった。ヴァラエティ・オンラインは、モーガンが同作でパウエル役として主演すると報じている。同作は2003年に国際連合安全保障理事会で、当時のイラク大統領サダム・フセインが核兵器を開発しているとしてフセイン打倒の軍事攻撃を正当化したパウエルの演説に焦点を当て、ジョージ・W・ブッシュ政権下に第65代国務長官として在位した2001年から2005年に渡る4年間を含めたキャリアを描く。レジナルド・ハドリンがメガホンを取る同作は、ハリウッド業界人が選ぶ未映画化の優秀脚本ランキング「ザ・ブラック・リスト」2011年に選ばれたエド・ホイットワースによる脚本を基にする。

2015年8月17日 (月)

モーガン・フリーマン、義理の孫が殺害される

モーガン・フリーマンモーガン・フリーマンの義理の孫娘エデナ・ハインズが、8月16日(日)早朝、ニューヨーク市内にある自宅外で刺殺されているのが発見された。モーガンの最初の妻ジャネット・アデア・ブラッドショーの孫娘であるエデナは複数回にわたり刺された状態で発見され、市内のハーレム総合病院に運ばれたものの、死亡が確認された。ニューヨーク警察は現場にいた30歳の男性を拘束したと発表している。この事件を受け、エデナへの追悼のメッセージを発表しているモーガンは2012年、エデナと10年間に渡って交際しているという噂が浮上したことで否定するコメントを出す状況に陥っていたことがあった。モーガンはエデナの祖母ジャネットと1979年に離婚しており、その後1984年にミルナ・コリー=リーと再婚したものの、2010年に破局している。

2014年9月12日 (金)

モーガン・フリーマン、『テッド2』に出演決定!

モーガン・フリーマンモーガン・フリーマンが、日本でも大ヒットを記録したセス・マクファーレン監督のコメディ映画『テッド』の続編『テッド2』に出演する。モーガンは市民権専門の弁護士役を演じるという。ストーリーの詳細はほぼ明かされていないものの、Variety.comによるとフリーマン演じる弁護士のキャラクターは訴訟問題に巻き込まれた口の悪いテッドを助けるという役どころになると見られている。マクファーレン監督は今回の作品には大物俳優に参加してもらいたいと考えていたようで、企画当初からフリーマンに白羽の矢を立てていたようだ。『テッド2』では1作目に引き続きオリジナルメンバーの大半が再出演する中、アマンダ・サイフリッドも登場して素晴らしいメドレーを披露する予定だ。マクファーレン監督は以前「アマンダは『テッド2』の中で歌を披露するんだよ。彼女は美しい歌声を持っているからね」と話していた。ボストンですでに撮影がスタートしているという待望の同作は2015年6月26日公開予定となっている。

2013年6月20日 (木)

モーガン・フリーマン、リュック・ベッソン監督最新作『Lucy』でスカーレット・ヨハンソンと共演!?

モーガン・フリーマンモーガン・フリーマンがリュック・ベッソン監督の手掛ける新作アクション『Lucy』出演に向けて交渉中だ。特殊ドラッグの摂取によってスーパーパワーに目覚め、未来予知や念力などの超能力を図らずも手にしてしまい、恐るべきファイティング・マシーンと化した主人公ルーシーをスカーレット・ヨハンソンが演じる本作で、モーガンは刻一刻と時間切れが迫る中、ヒロインが見つけ出さなければならなくなる博士役を演じる可能性があるという。日本でも公開中のトム・クルーズ主演最新作『オブリビオン』に出演中のモーガンには、今後もルイス・レテリエル監督最新作『Now You See Me』をはじめ、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・ダグラスらと共演した11月全米公開予定のジョン・タートルトーブ監督最新作『Last Vegas』など多くの新作を控えている。

2012年8月31日 (金)

モーガン・フリーマン、レゴの3D映画『Lego: The Piece of Resistance』に出演へ

モーガン・フリーマンモーガン・フリーマンが、レゴの3D映画化作品『Lego: The Piece of Resistance』で声優を務めることになった。ウィル・アーネットがバットマンの声を担当する予定となっており、今回モーガンだけでなく、エリザベス・バンクスも声の出演を果たすことになったようだ。本作は、クリス・プラットが声を担当するレゴの主人公エメットが、ごく平凡で善良なキャラクターであるものの、マスタービルダーと間違われてしまい、悪の帝王から世界を守るために冒険の旅に出ることになってしまうというストーリーで、モーガンはウィトルウィウスというキャラクターを演じるという。『21 Jump Street』を手掛けたフィル・ロード&クリストファー・ミラーのコンビが、クリス・マッケイと共に本作の監督を務め、ダン・リンとロイ・リーがプロデュースを担当する。『Lego: The Piece of Resistance』は2014年2月28日に公開予定だ。

2011年8月16日 (火)

モーガン・フリーマン、『Now You See Me』への出演決定

モーガン・フリーマンジェシー・アイゼンバーグがマジシャンを演じる新作スリラー『Now You See Me』に、モーガン・フリーマンの出演が決定した。マジックを使って銀行強盗を働く犯罪集団を描く内容で、モーガンは、手品の仕掛けをバラし、FBI捜査を手伝う引退したマジシャンを演じることになるようだ。FBI捜査官にマーク・ラファロが現在交渉中で、アマンダ・セイフリードの出演が決定している。現在モーガンは、ルーシャス・フォックス役で前作に引き続き出演している『ダークナイト ライジング』の撮影中で、次回公開作としてファミリー映画『Dolphin Tale』が控えている。

2010年3月 4日 (木)

モーガン・フリーマンの左手は、交通事故でマヒ状態のまま

『インビクタス/負けざる者たち』でアカデミー主演男優賞にノミネートされているモーガン・フリーマンの左手が、交通事故の後遺症で今でもマヒ状態にあることが明らかになった。2008年夏に、モーガンがハンドルを誤って車が横転し重症を追う大事故が発生したが、幸いにも命に別状はなく、リハビリの経過も順調だと思われていた。しかしモーガンの左手は、しびれがある上に、今でもほとんど動かずに腫れあがった状態だそうだ。

2009年7月21日 (火)

モーガン・フリーマンが、孫娘と結婚?

最初の妻の孫娘で血のつながっていないエディナにセックスを強要した疑惑がもたれているモーガン・フリーマンだが、今度は、離婚成立後はエディナと結婚するつもりで交際しているという噂が流れているそうだ。前述の噂は、モーガンに離婚を申請中の妻が、エディナから相談されたことを暴露した話として噂になっているものだが、今度も別の親戚筋の話として2人の結婚話が浮上。モーガンの離婚が成立し、結婚することになれば、45歳差のカップルが誕生することになる。

Photo:Celebrity Vibe/アフロ

2009年6月30日 (火)

モーガン・フリーマンに、孫娘とのセックス疑惑が浮上?

モーガン・フリーマンに、今度は孫娘とのセックス疑惑が浮上していることが明らかになった。昨年8月に自動車事故を起こした際、同乗していた女性が不倫相手だったことが発覚。しかし既にモーガンは妻との離婚を決めていたそうで、妻からの離婚申請に応じるつもりだった。しかし、何故かその後の事故で瀕死の重症を負った不倫相手の女性から訴えられるという悲しい事態。そして今度は27歳の孫娘が、モーガンの妻に、10歳の頃からモーガンに性的関係を強要されてきたことを告白したと報道されるなど、モーガンのクリーンでジェントルマンなイメージが崩れ落ちる事態が起きている。

2008年11月 3日 (月)

往年のあのアカデミー俳優が、アメリカ大統領に選ばれる!?

11月4日に大統領選挙を控えたアメリカで、大統領に最もふさわしい映画上の人物に、「エアフォース・ワン」のハリソン・フォードが選ばれた。ウェブサイトによる映画ファンの投票によるもので、投票者約110万人のうち約24%を占めた。現在アメリカは史上最悪といわれる経済危機に見舞われており、人々は、ハリソンが演じたような最高司令官タイプの大統領が国を牽引することを望んでいるようだ。ちなみに2位は、『ディープ・インパクト』のモーガン・フリーマン、3位は『アメリカン・プレジデント』のマイケル・ダグラスだった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ