モニカ・ベルッチ(Monica Bellucci)

2015年10月27日 (火)

「007」シリーズ最新作のボンドガール、モニカ・ベルッチはジムが嫌い!

モニカ・ベルッチ『007 スペクター』のモニカ・ベルッチは、ジムに行かないそうだ。51歳にして「007」シリーズ史上最高齢のボンドガールを演じているモニカだが、自身の容姿はあまり気にしていないのだという。「私は怠け者すぎるのよ。だからジムなんて行くことはないの。それにチョコレートやパスタが大好きなのよね。私は細い体に執着心がないの」その自然な美しさとセクシーさで知られる一方で、昔は弁護士を目指していたというモニカはデイリー・ミラー紙に「故郷のイタリアでは魅力的な女性に対してはかなりのプレッシャーがあるから、なにか難しい職業に就きたかったの」と話し、「私は自分の見かけについてあまり気にしないの。笑うのが好きなのよ。面白い人生を築いていくことの方が好きだわ」と続けた。そんなモニカはこの話題の最新作でボンドの年上の相手役に選ばれたことには感激したそうで、「50代の女性が30代の女性と同じくらい面白みがあって魅力的なんだってことを見せるのは大事だわ」と語っている。

2010年5月28日 (金)

モニカ・ベルッチが、第2子の女児を出産!

ヴァンサン・カッセルの妻で、結婚11年目のモニカ・ベルッチが、5月21日、ローマで第2子となる女の子を出産した。レオニーと名付けられた女の子と45歳のモニカはともに健康だそうだが、それ以上の詳細は明らかにされていない。2人の間には既に6歳になる女の子ディーバがいる。モニカは、第1子を妊娠したときと同様に今度も、未婚、同性愛、そして高齢女性に対して人工授精を禁じたイタリアの法律に抗議し、妊婦のヌード姿でヴァニティフェア誌の表紙を飾り、多くの女性たちにエールを送っている。

2010年4月 5日 (月)

45歳の妊婦モニカ・ベルッチが、イタリアのバニティフェア誌で表紙に!

現在に妊娠6ヶ月のモニカ・ベルッチが、3月24日発売のバニティフェア誌のイタリア語版の表紙を妊婦姿で飾ることが明らかになった。ヴァンサン・カッセルと結婚したモニカは、39歳で第1子を身ごもった際にも、イタリアの人工授精を規制する法律に抗議するため同誌の表紙を飾ったが、今回は45歳。高齢出産ということもあり、世の中の高齢出産女性を励ます意図もあって、表紙になることを決めたようだ。

Photo: Chris Ashford/Camera Press/アフロ

2009年9月 9日 (水)

モニカ・ベルッチが、ジム通いを避けるための秘訣は?

「イタリアの宝石」といわれているモニカ・ベルッチは、黒い服を着ることでジムに行かないですんでいるそうだ。ヴァンサン・カッセルとの間に4歳の娘がいるモニカは、その豊満な肉体美を絶賛されているが、ハリウッド女優と比べた場合には、かなり太めであることは事実。本人も少しは気にしているそうだが、忙しくてジムに通っている暇がないため、黒い服を着ることで、少しでもスリムに見えるように努力しているそうだ。

Photo:BENAINOUS/SANCHEZ/Gamma/Eyedea/アフロ

2009年6月11日 (木)

モニカ・ベルッチのフランスの自宅に、空き巣

モニカ・ベルッチと夫のヴァンサン・カッセルが暮らすパリの家が、空き巣の被害に遭っていたことが明らかになった。5月24日、2人がカンヌ映画祭に出席するため家を留守にしていた間の出来事で、警察の発表によれば、パリの東部にある2人のアパートに、数人の泥棒が侵入してテラスから部屋に押し入ったとのこと。丁度映画祭の閉会式の時間に、モニカのパスポートや、パソコンや宝石など約1千万円相当のものが盗まれたそうだ。

Photo: Chris Ashford/Camera Press/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ