ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)

2019年10月 3日 (木)

ミシェル・ファイファー、浴室で滑って骨折!

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファー(61)が浴槽を出る際に滑り、腕の骨を折ってしまったそうだ。今月18日に日本公開のディズニー映画『マレフィセント2』のプロモーション活動の合間にホテルの部屋で入浴したものの、出る際に濡れた床で滑ってしまったという。米テレビ番組に、共演のアンジェリーナ・ジョリーと共に出演した際、大理石の床がびしょ濡れなのを目にし、滑りやすいから気を付けるようにと自分に言い聞かせながら出たのに、結局転倒してしまったと当時を振り返っている。一方で、アンジェリーナがタイトルロールを続役し、ミシェルが邪悪なイングリス王妃を、エル・ファニングが「眠れる森の美女」ことオーロラ姫を演じているこの映画の撮影はとても楽しかったのだそうだ。

2019年5月 9日 (木)

ミシェル・ファイファーら、映画版『French Exit』に出演へ

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファー(61)らが、アザゼル・ジェイコブス監督作『French Exit』に出演する。ミシェルをはじめ、ルーカス・ヘッジズ、トレイシー・レッツらは、パトリック・デウィットの同名小説を原作にした同作のキャスト陣に加わった。原作では、未亡人、人生の先行きが不明なその息子、亡くなった夫の生まれ変わりと未亡人が信じる年老いた猫が登場、破産を契機に一家は心機一転パリに向かうことになる。ミシェルがマンハッタンの社交界の有名人なものの一文無しとなった未亡人フランシス・プライス、ルーカスがその息子、トレイシーが亡き夫フランクリンの化身とフランシスが信じる猫の声をそれぞれ演じる。

2018年5月 2日 (水)

ミシェル・ファイファー、『マレフィセント』続編出演へ?

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファーが『マレフィセント』続編でアンジェリーナ・ジョリーと共演する方向だ。ミシェルはエル・ファニングやエド・スクラインの出演もすでに決定している同作に向けて、ディズニーと出演交渉の最終段階に突入していると言われている。ミシェルは女王役をオファーされているというが、今回の続編がどういったかたちで前作につながるのかについては分かっていない。『眠りの森の美女』を原作としたこの作品に向けては先日、『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』で知られるヨアヒム・ローニングが監督候補に挙がっていると報じられていた。

2012年11月12日 (月)

ミシェル・ファイファーとクロエ・グレース・モレッツ、ティム・ロビンス監督最新作で再共演へ

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファーとクロエ・グレース・モレッツが、ティム・ロビンス監督最新作『Man Under』で再共演を果たすことになった。『ダーク・シャドウ』で母娘役を演じたばかりの2人だが、ティムが出演と監督の2役を務める本作で早くも再共演を果たすという。アン・シェルキスが脚本を執筆する本作は、ニューヨーク近代美術館に家族写真が展示されたことによって運命の歯車が狂ってしまう一家を描く作品。ミシェルはロバート・デ・ニーロとの共演作『Malavita』、クロエはリメイク版『キャリー』と共に話題の新作を抱えており、ティムも本作の後に『City of Lies』でメガホンを取る予定だ。

2012年6月 1日 (金)

ミシェル・ファイファー、リュック・ベッソン監督最新作でデ・ニーロと3度目の共演?

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファーが、新作『Malavita』でロバート・デ・ニーロと共演するかもしれない。ミシェルは、トニーノ・ブナキスタの原作「隣りのマフィア」をリュック・ベッソン監督が映画化する同作で、放火癖のある肝のすわった母親役に向けて現在出演交渉中だ。証人保護プログラムによってフランスへ強制移住されられるマフィア一家が、新天地に馴染もうとするものの、過去の悪行を隠すのに一苦労し、すぐにまた元のマフィアの習慣に戻ってしまうという内容。監督兼プロデューサーを務めるリュックが脚本化も手掛ける本作は、8月にもクランクイン予定だ。そんなミシェルはこれまでに、2007年の『スターダスト』、さらに近作『ニューイヤーズ・イブ』でデ・ニーロと共演している。

2011年2月18日 (金)

ミシェル・ファイファーが新作映画でジョニー・デップと共演へ

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファーが、ティム・バートン監督の新作映画『Dark Shadows』でジョニー・デップと共演することになりそうだ。1960年代の伝説的カルトTVシリーズの映画化となるゴシックオペラで、ミシェルは10年前に夫が失踪して以来、自身の邸宅に引きこもる女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード役として監督から第一候補に名前を挙げられているという。ジョニーが演じることになっているのは、失った愛を探し求めるヴァンパイア、バーナバス・コリンズ。そのほかに、ヘレナ・ボナム=カーターが心理学と稀な血液の病気の専門医で、バーナバスが血を欲しがらなくなるよう治療し助けるジュリア・ホフマン医師役に決定している。エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ベラ・ヒースコートらもすでに出演契約を交わしている本作は、4月から撮影が開始される予定。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ