マイケル・ウィナー(Michael Winner)

2013年1月23日 (水)

名作アクション『狼よさらば』のマイケル・ウィナー監督が他界

マイケル・ウィナーチャールズ・ブロンソンが1974年に主演した名作アクション『狼よさらば』で知られるマイケル・ウィナー監督が亡くなった。映画監督のみならず、プロデューサーや料理批評家としても活躍してきたマイケルは、肝臓病での長い闘病生活の末、77歳で息を引き取った。チャールズが復讐に燃える男を熱演し、監督としてのキャリアで最大のヒット作となった 『狼よさらば』に始まり、 『ロサンゼルス』『スーパー・マグナム』と続いた「デス・ウィッシュ」シリーズだけでなく、マーロン・ブランド主演の1972年公開作『妖精たちの森』や1978年のリメイク作『大いなる眠り』など、マイケルは1960年から1999年年にかけて30本以上の映画でメガホンを取っている。また、60年代に『ザ・システム』などに主演したオリバー・リードとマイケルは、その後も5作品でタッグを組んでいる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ