マイケル・ガンドルフィーニ(Michael Gandolfini)

2019年3月19日 (火)

映画版『ザ・ソプラノズ』の公開日が決定!

マイケル・ガンドルフィーニ映画版『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』の公開日が2020年9月25日と発表された。同人気ドラマの主役であったトニー・ソプラノの若き日を描く『Newark』に向けては、ドラマ版で主役を演じていたジェームズ・ガンドルフィーニの実の息子マイケルが若きトニーを演じる。同作は、若き日のトニーの指南役で、小さなギャングをニュージャージー州随一のマフィアに築き上げるのに尽力したアレッサンドロ・ニヴォラ演じるディッキー・モルティサンティの物語になるが、他にも『ザ・ソプラノズ』のキャラクターたちが登場するとみられている。マイケルとアレッサンドロのほかにもヴェラ・ファーミガ、ジョン・バーンサル、ビリー・マグヌッセン、コリー・ストールらの出演が予定されており、『ザ・ソプラノズ』のクリエイターでもあるチェイスが脚本と製作を、アラン・テイラーが監督をそれぞれ担当する。

2019年1月25日 (金)

ジェームズ・ガンドルフィーニの息子、若き日のトニー・ソプラノ役に

マイケル・ガンドルフィーニジェームズ・ガンドルフィーニの息子マイケル・ガンドルフィーニが、『The Many Saints of Newark』で若き日のトニー・ソプラノを演じる。2013年にこの世を去ったジェームズがHBO局の『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』で演じ、エミー賞や全米映画俳優組合賞、ゴールデン・グローブ賞を受賞することとなったその役を実の息子であるマイケルが引き継ぐ。マイケルは大規模なオーディションを経てキャスティングされたそうで、容姿の類似性だけでなく、父親譲りの独特の演技を評価されたという。マイケルのほかにもアレッサンドロ・ニヴォラやヴェラ・ファーミガ、ジョン・バーンサル、ビリー・マグヌッセン、コリー・ストールらの出演が予定されており、『ザ・ソプラノズ』のクリエイターでもあるチェイスが脚本と製作を、アラン・テイラーが監督をそれぞれ担当する。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ