マイケル・ダグラス(Michael Douglas)

2016年11月16日 (水)

マイケル・ダグラス、ヴァル・キルマーに謝罪

マイケル・ダグラスマイケル・ダグラスが、喉頭がんという情報を流したことについてヴァル・キルマーに謝罪したようだ。マイケルは先日ヴァルが喉頭がんを患っていると口にした後、ヴァル本人がそれが事実ではないというコメントを出すに至っていたことについて、誤った情報を流したことを謝罪する手紙を送ったという。ヴァルはそのニュースをフェイスブックに投稿し、6年前に喉頭がんを克服した過去を持つマイケルが「かっこいい男」だと表現し、自分の体調が悪くないと聞いてとても喜んでいたと明かした。ヴァルはダグラスによってがんの疑惑が浮上した際、マイケルとは2年間も話をしていないとして、ダグラスが間違った情報を与えられたようだという長文の投稿をフェイスブックにしていた。

2016年11月 4日 (金)

ヴァル・キルマー、がんを否定

ヴァル・キルマーヴァル・キルマーが、がんを患っているという話を否定した。先日友人のマイケル・ダグラスが、ヴァンが喉頭がんを患っていると発言していたものの、実際のところがんではなく、舌が腫れているだけでマイケルは誤った情報を聞かされただけだとコメントしている。ヴァンは自身のフェイスブックに、2年ほど前にマイケルに喉の腫瘍を診断してもらうために専門家を紹介してもらおうとしたとしながらも、結果的にはがんではないことが発覚し、その後も治療は続けていると明かした。また、自身が順調に仕事もこなしていることにも触れ、来週に行われるイベントに元気な姿を見に来るよう促している。また、ヴァルについて誤った情報を発言してしまったマイケルについては変わらずに親友だといい、6年前に喉頭がんを克服したマイケルがヴァルの名誉を傷つけようとしてやったことではないと分かっているとコメントした。

2016年11月 1日 (火)

マイケル・ダグラス、ヴァル・キルマーの咽喉がんを明かす

ヴァル・キルマーマイケル・ダグラスが、ヴァル・キルマーが咽喉がんを患っていると発言した。6年前に喉頭がんを克服したマイケルは、共演経験のあるヴァルが現在がんの闘病中であり、あまり体調が思わしくないと明かした。ロンドンで開かれた「An Evening with Michael Douglas」の場で司会者のジョナサン・ロスと話した際、1996年作『ゴースト&ダークネス』の撮影について触れ、ヴァルは自分の患っていたものとまさに同じ病気を患っており、状況が思わしくないと発言した。2015年1月に喉からの出血により入院したものの、がんの可能性については否定していた。

2015年12月23日 (水)

マイケル・ダグラスの息子、危険度の高い刑務所へ移動

キャメロン・ダグラス、マイケル・ダグラスマイケル・ダグラスの息子キャメロンが、安全性の低い刑務所へと移された。2010年に麻薬取引の罪で中度の安全性があるとされるメリーランド州のカンバーランド刑務所に投獄されていたキャメロンだが、今年の8月に女性専用刑務所から男性受刑者の受け入れを始めたコネチカット州のダンベリー刑務所へと最近移動させられていたという。過去には獄中で襲われたこともあるキャメロンだが、安全性の低い刑務所が混雑しすぎてきたために徐々に男性専用刑務所へと移行されることになっているこの刑務所は、男性受刑者たちが入所し始めてからは警備も強化しているようだ。キャメロンは当初、自宅監禁が命じられていたものの、当時の恋人がキャメロンのためにヘロインを密かに持ち込もうとしたところを押さえられたことで5年間の服役刑が科された。さらに複数件の麻薬関連の罪により刑期は延長され、現在では2017年3月まで釈放されない予定となっている。

2015年11月23日 (月)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、結婚15年目の夫マイケル・ダグラスと今もラブラブ!?

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、15年目の結婚記念日を迎えた今でも夫マイケル・ダグラスと歩むこれからの人生を楽しみにしているようだ。11月18日に迎えた15回目の結婚記念日に、マイケルがおでこにキスをしている愛にあふれたモノクロ写真をソーシャルメディアに投稿したキャサリンは、同時にマイケルに向けたメッセージを送った。一方のマイケルも自身のフェイスブックのプロフィール欄に最近の2人の写真を投稿し、この節目の日を祝っている。一男一女をもうけた2人は、キャサリンが双極性障害、マイケル・ダグラスが咽頭がんで闘病した後、2013年に一時期破局していたが、ヨリを戻して結婚生活を続けており、今年に入ってからは2人の関係が完全に戻ったとマイケルが発言していた。

2014年2月14日 (金)

マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、再挙式か?

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズマイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが再挙式を計画しているようだ。現在ディラン君とカリスちゃんの、2人の子どものいるマイケルとキャサリンは、14年間に渡る結婚生活の後の昨年8月に別居し、今年に入って関係が修復したと噂されているが、今年9月25日のお互いの誕生日に再挙式を上げて再度結婚の誓いを立てる計画のようだ。マイケルとキャサリンは結婚生活を修復するためにセラピーを受け、現在は日記をつけて、ぎくしゃくした時にストレスのはけ口としてその日記を見せ合うなど、セラピーでのアドバイスに基づいたいくつかの方法を使って関係を保っているようだ。また、今回の一件で、2人とも息抜きをすることがどれだけ大事なのかに気づいたそうで、今後は1年に1か月間だけ別居し、結婚生活をリフレッシュすることに決めたそうだ。

2014年1月16日 (木)

マイケル・ダグラス、マーベル・コミックの新作『アントマン』に出演決定

マイケル・ダグラスマイケル・ダグラスが、マーベル・コミックの新作『アントマン』へ出演することが決まった。エドガー・ライトが監督を務める本作で、マイケルは人間のサイズを縮小させてアリのサイズに変身させる方法を発明した科学者ヘンリー・ピムを演じることになる。マーベル社はマイケルに大いに期待をかけている模様で、ケヴィン・フェイグ社長はマイケルがヘンリー・ピムにどう変身していくか期待感でいっぱいだと語った。同スタジオは昨年12月にアントマンことスコット・ラング役としてポール・ラッドの出演を発表しており、2015年7月に公開が予定されている。

2014年1月15日 (水)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ゴールデングローブ賞でマイケル・ダグラスに同伴せず

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、1月12日に開催されたゴールデングローブ賞授賞式で、夫マイケル・ダグラスに同伴しなかった。『恋するリベラーチェ』で主演男優賞(ミニシリーズ/テレビムービー部門)を受賞したマイケルだが、昨年一時別居したものの、最近になってヨリを戻した可能性が報じられていた妻のキャサリンが、今回ロサンゼルスで行われた第71回ゴールデングローブ賞に出席できないと語っていた。マイケルはEOnline.comにキャサリンは子供たちと一緒に東海岸に戻っていると明かしたが、家族の関係は良好だと強調していた。そんなマイケルとキャサリンの2人は、クリスマスにカナダのケッベックへスキー旅行に行く前、ニューヨークにある自宅で共に過ごしている。

2014年1月 6日 (月)

マイケル・ダグラス、整形手術も視野に!?

マイケル・ダグラスマイケル・ダグラスは整形手術を受けることに抵抗感がないという。2010年に舌がんとの闘病を経験している御年68歳のマイケルは、整形手術をすることに抵抗がなく、整形手術をする可能性があるかという質問に対しては、容姿をよくするためならなんでもする構えだと答えたそうだ。そんなマイケルは、現在日本で公開中の新作映画『恋するリベラーチェ』で同性愛者のピアニスト故リベラーチェ役を演じる際に役者として新境地を開かなければならず、ピアノ、そして派手なステージパフォーマーとしてのスキルを新たに学ぶなど、いつも演じるような何らかの不安を抱いた“現代の男性像”とはまた一味違った役どころを楽しんだという。

2013年11月15日 (金)

『ローズ家の戦争』の続編製作へ

マイケル・ダグラス

ブラックコメディの傑作『ローズ家の戦争』の続編が製作されるようだ。1981年に発表されたウォーレン・アドラーの原作小説を、ダニー・デヴィート監督が1989年に映画化し、マイケル・ダグラスとキャスリーン・ターナーが順風満帆の結婚生活が悪夢のような離婚劇に発展するオリバーとバーバラのローズ家の夫婦を熱演していた。原作者のアドラーは、第1作目を発表した年に、ローズ家の子ども達であるジョシュとエヴィーを主人公にした続編小説「ザ・ウォー・オブ・ザ・ローゼズ、ザ・チルドレン」を出版していた。息子のジョシュは恋人のヴィクトリアと結婚するものの、やはり両親と同じく結婚が破綻し、一方、娘のエヴィーも男性との関係にヒビが入って拒食症に陥るという展開だ。現時点でキャスト陣、及び監督や脚本家は決定していないものの、プロデューサーのデイヴィッド・パーミュットがグレイ・イーグル・フィルムズ社と共に製作を進行させている。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ