メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)

2016年7月14日 (木)

ジリアン・ジェイコブス、メリッサ・マッカーシー夫妻タッグ作『Life of the Party』出演決定!

ジリアン・ジェイコブス映画『恋するブロンド・キャスター』のローズ役などでおなじみのジリアン・ジェイコブスが、新作映画『Life of the Party』に出演することになった。本作は女優メリッサ・マッカーシーと俳優で監督のベン・ファルコーン夫妻が再タッグを組むコメディ映画となる。完成に近づいているという本作のストーリーは、ロドニー・デンジャーフィールド扮する実業家のソーントン・メロンが息子の卒業を手助けするために大学に入学する姿を描いた1987年作『バック・トゥ・スクール』に似た内容になると言われている。ジリアンは、ジャド・アパトーがプロデュースするネットフリックスの「ラブ」シーズン2の撮影を終えたばかりで、映画『Don't Think Twice』にも出演している。

2015年5月22日 (金)

メリッサ・マッカーシー、ハリウッドの殿堂入り!

メリッサ・マッカーシーメリッサ・マッカーシーがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムを授与された。5月20日、ロサンゼルスで行われたセレモニーでこの名誉を受け取ったメリッサは、自身の名前が星に刻まれるとは夢にも思っていなかったそうで、その星が実は紙製で雨が降ったら流れてしまわないようにその場で見張ってなければならないと冗談を交えたスピーチで笑いを誘った。この授与式には夫ベン・ファルコーンやエレン・デジェネレス、ポール・フェイグ監督、そして母サンドラ、姉が出席しており、父は抜け出せない用事で来られなかったものの、女優を志せたのは両親のおかげであると感謝の意を述べていた。

2014年11月13日 (木)

メリッサ・マッカーシー、20キロ以上のダイエットに成功!

メリッサ・マッカーシーメリッサ・マッカーシーが45ポンド(約20.4キロ)も減量したという。メリッサは2人の娘と夫ベン・ファルコーンのためにより健康的な体を目指そうと、新しいダイエット法とエクササイズを実践しているのだとか。高タンパク質、低炭水化物の食事を心がけ、さりげないことを変えているだけで大きな効果が表れているというメリッサだが、ファンに愛されているそのふくよかな体型は維持するつもりであるため、ダイエットしすぎるつもりは一切なく、子供たちの良きお手本になるような、健康的で幸せなちょうどいい体型を目指しているだけのようだ。そんなメリッサは、以前よりハリウッド界での容姿についてのプレッシャーは一切感じていないと話していた。

2014年9月11日 (木)

ビル・マーレイ、『ゴーストバスターズ3』へメリッサ・マッカーシーの出演希望!

ビル・マーレイビル・マーレイは、『ゴーストバスターズ3』へメリッサ・マッカーシーの出演を希望しているようだ。ダン・エクロイド、アーニー・ハドソン、ハロルド・スミスらと共に1980年代に公開されたゴーストバスターズシリーズ2作品に出演していたビルは、先日にトロント国際映画祭でプレミアが行われた新作映画『St. Vincent』で共演したメリッサが出演する女性バージョンのゴーストバスターズを観てみたいのだという。以前ビルは、オリジナル映画の中で自身が演じていたピーター・ベンクマン博士が着ていたオーバーオールの衣装よりも女性バージョンのゴーストバスターズとなれば衣装もより良くなるだろうし、女性率いる『ゴーストバスターズ』はオリジナル作品よりも良いものになるかもしれないと冗談めかして話していた。

2014年8月 6日 (水)

『ゴーストバスターズ』、女性主役でリブート映画製作か!?

メリッサ・マッカーシー「ゴーストバスターズ」シリーズの製作チームが、女性主役のリブート映画製作を検討中のようだ。ソニー・ピクチャーズは、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』などの脚本家イータン・コーエンによる第三弾の草稿に満足していたものの、現在新たに脚本、監督、プロデュースを『ブライズメイズ 史上最悪のウエディングプラン』のポール・フェイグ監督に任せる方向性を視野に入れているという。ソニー・ピクチャーズがフェイグ監督と共に製作を進めていくとなると、『ブライズメイズ 史上最悪のウエディングプラン』『デンジャラス・バディ』そして最新作『Spy』と何度もフェイグ監督の映画で活躍しているメリッサ・マッカーシーがメインキャストの1人として起用される確率が高そうだ。ダン・エイクロイド、アイヴァン・ライトマンらがプロデューサーとして作品に引き続き関わる可能性は大であるが、現在『Spy』の編集作業に追われているフェイグ監督が本作を進めることになると、撮影開始はダンが以前に示していた来春以降にずれ込む見込みだ。

2013年10月25日 (金)

ジェイソン・ステイサム、スパイ・コメディー『Susan Cooper』でメリッサ・マッカーシーと共演!?

ジェイソン・ステイサム

ジェイソン・ステイサムが、スパイ・コメディー『Susan Cooper』でメリッサ・マッカーシーと共演することになりそうだ。『The Heat』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』など大ヒットコメディーでタッグを組んできたポール・フェイグ監督とメリッサが再度手を組む本作では、メガホンを取るフェイグ自らが脚本を執筆している。二人がが初めて組んだ2011年の『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』は世界中で2億8800万ドル(約280億円)の興行収入を記録している。そんな期待の集まる作品へ出演が噂されるジェイソンは来年、『エクスペンダブルズ3』『ワイルド・スピード7』と人気シリーズの続編へ出演予定だ。

2012年2月 1日 (水)

『Bridesmaids』のキャストがアカデミー賞のプレゼンターに

メリッサ・マッカーシー昨年アメリカで大ヒットしたコメディ『Bridesmaids』の出演者たちが、本年度のアカデミー賞でプレゼンターを務めることになった。主演のクリステン・ウィグをはじめ、マーヤ・ルドルフ、メリッサ・マッカーシー、ローズ・バーン、エリー・ケンパー、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィら同作のメインキャストが、2月26日に開催される授賞式でプレゼンターとして登場することが発表された。メリッサはすでに同作で助演女優賞にノミネートされており、共同執筆を手掛けたクリステンとアニー・ムモーロは脚本賞にノミネートされている『Bridesmaids』はアワードシーズンですでに、放送映画批評家協会賞とピープルズ・チョイス・アワードでコメディ映画賞を受賞しており、ゴールデングローブ賞では作品賞にノミネートをされたほか、クリステンがミュージカル・コメディ部門の主演女優賞の候補に選ばれた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ