メラニー・グリフィス(Melanie Griffith)

2017年10月24日 (火)

メラニー・グリフィス、てんかんと診断された過去を明かす

メラニー・グリフィスメラニー・グリフィス(60)が6年前にてんかんを患っていたことを明かした。2011年のカンヌ国際映画開催中、フランス内のヨット上で同神経疾患の発作を2度起こしたというメラニーだが、アメリカの病院がそれ以前に20年以上にも渡ってちゃんと自分の病気について取り扱ってくれていなかったことに苛立ちを覚えたと、18日(水)にカリフォルニアのビバリーヒルズで開催された女性の脳の健康の推進に関するパネルディスカッションで明かした。しかしここ3年症状は治まっているようで、発作の原因がストレスにあると考えるメラニーは、2014年6月に18年間共に結婚生活を送ったアントニオ・バンデラスとの破局したことで、発作が少なくなったとして、離婚が本当の治療薬であったと語っている。

2014年6月11日 (水)

メラニー・グリフィス、アントニオ・バンデラスとの離婚を申請

アントニオ・バンデラス、メラニー・グリフィスメラニー・グリフィスが、18年間の結婚生活を送ったアントニオ・バンデラスとの離婚を申請したようだ。メラニーの担当弁護士ローラ・ワッサー氏によって申請された書類でメラニーは、破局の理由として和解しがたい不和を理由に挙げているようだ。メラニーは2人の17歳の娘であるステラの単独身体的親権と共同法的親権のほか、配偶者手当を求めているという。今回の破局は友好的なものだと考えられているが、アメリカとスペインにいくつもの物件を所有する2人の財産分与に当たっては複雑化してくる可能性もありそうだ。2人は1995年作『あなたに逢いたくて』をきっかけに出会い、アントニオとアナ・レサの離婚が成立したわずか1か月後の1996年にイングランドのロンドンでこじんまりした結婚式を挙げている。今年に入ってから2人の結婚生活が危ういのではないかという噂が立っていたが、2人は何も問題がないとしていた。

2010年8月30日 (月)

ジェニファー・アニストンらが、サロンのオーナーからカードを悪用される


ジェニファー・アニストン、アン・ハサウェイ、リヴ・タイラー、メラニー・グリフィスなどセレブ御用達のビバリーヒルズのヘアサロンのオーナーが、クレジットカードの情報を悪用し、不正請求容疑で逮捕されたことがわかった。逮捕された“シェ・ガブリエラ・スタジオ”のオーナー、マリア・ガブリエラ・ペレスは、顧客が支払いの際に提供したクレジットカードの情報を悪用し、28万ドルを不正請求していた。中でもリヴ・タイラーは、5ヶ月間で約21万4000ドルをだまし取られていたそう。今後の調査で、被害額が拡大すると見られている。

2009年8月31日 (月)

メラニー・グリフィスが、リハビリ施設に再入所

アントニオ・バンデラスの妻メラニー・グリフィスが、リハビリ施設に再入所していることが明らかになった。メラニーの広報担当者が正式に伝えたもの。メラニーは、1980年の交通事故で処方箋つきのドラッグを使用したが、その後ドラッグやアルコール中毒で、1998年と2000年にもリハビリに入所している。それでもなかなか中毒症が治らないため、今度も、リンジー・ローハンやエヴァ・メンデスも通ったユタ州の施設に入ったようだが、13年続いたバンデラスとの結婚生活を維持する目的もあるようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ