メグ・レフォブ(Meg LeFauve)

2017年10月13日 (金)

ディズニー、新作映画『Gigantic』の製作中止を発表

メグ・レフォーヴディズニーが新作映画として2020年に公開予定だった『Gigantic』の製作を中止したことがわかった。童話『ジャックと豆の木』にインスパイアされた作品で、主人公の少年が雲の上に住む巨人の女の子と友達になるというストーリーになると予定されていた同作に向けては、『インサイド・ヘッド』のメグ・レフォーヴと『塔の上のラプンツェル』のネイサン・グレノが共同で監督を務めることが決定していた。ディズニーは製作上、解決できない問題があったとして、苦渋の決断だったとしつつも製作中止を決定したと発表している。同新作の音楽は『アナと雪の女王』も手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ ロペスが担当する予定となっていた。

2016年10月 5日 (水)

『インサイド・ヘッド』脚本家メグ・レフォブ、ディズニー新作の監督へ

メグ・レフォブ『インサイド・ヘッド』の脚本家メグ・レフォブが、ディズニーの新作映画『Gigantic』の監督を務めることが決定した。王道のおとぎ話「ジャックと豆の木」を基にした『Gigantic』で監督デビューを飾ることになるレフォブは、すでに監督として発表されていたネイサン・グレノとともにこの作品を作り上げていくことになる。同作の楽曲は『アナと雪の女王』のサウンドトラックを手掛けたロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスが担当する予定だ。大航海時代のスペインを舞台にしたこの物語は、少年ジャックが雲の上に巨大な秘密の世界を発見し、そこで出会った11歳の巨人少女インマと友達になっていくというストーリー。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ