マット・ディロン(Matt Dillon)

2011年6月 8日 (水)

マット・ディロン、エルモア・レナード原作小説の映画化作品で主役へ

マット・デイロンマット・デイロンが、エルモア・レナードのクライム小説「フリーキー・ディーキー」の映画化作品で主演することになった。ハリウッド映画界の大御所をだまして大金を手に入れようと企む2人の元過激派の計画を、マット演じるデトロイト市警の刑事クリス・マンカウスキーが阻止しようと奮闘する姿を描く。監督は、『グラスハープ/草の竪琴』のチャールズ・マッソーが務める。「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザーが、元過激派の1人スキップ・ギブス役を演じるほか、クレイグ・ロビンソン、ウィリアム・H・メイシーの出演が決定している。

2010年8月24日 (火)

クリント・イーストウッド監督作『Hereafter』が、ニューヨーク映画祭のクロージングに決定!

9月24日から10月10日まで開催されるニューヨーク映画祭で、クリント・イーストウッド監督の『Hereafter』がクロージングを飾ることが発表された。同作の主演は、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた『インビクタス負けざる者たち』に引き続き2度目のタッグとなるマット・デイモンとブライス・ダラス・ハワード。なお、デヴィッド・フィンチャー監督作、ジャスティン・ティンバーレイクやアンドリュー・ガーフィールドら主演の『ソーシャル・ネットワーク』がオープニングに決定している。

2009年4月 9日 (木)

マット・ディロンが、スピード違反で約8万円の罰金!

無罪を主張していたマット・ディロンが、一転。スピード違反を認めて、約8万円の罰金を支払ったことが明らかになった。昨年のクリスマスシーズンに、友人宅に急いでいたディロンは、バーモント州の高速道路で、制限速度約110キロのところを約170キロで走行。60キロ近くのスピード・オーバーは、通常のスピード違反ではなく過失犯罪だったために無罪を主張していたが、今回は罪を正直に認めたことで、不起訴となった。

Photo:アフロ

2009年1月15日 (木)

マット・ディロンが、スピード違反で逮捕される

マット・ディロンが、年末にバーモントでスピード違反をし、逮捕されていたことが明らかになった。レンタカーを運転していたディロンは、制限速度が65マイルの高速度道路を、40マイル以上オーバーの106マイルで運転しているところを、警察に取り押さえられたという。アルコール検知器で息を調べた結果、特に酒帯などの容疑はないようだが、今月21日に出廷し、有罪となれば最大3ヶ月の禁固刑と300ドルの罰金を支払うことになりそうだ。

Photo:アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ