マーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)

2020年5月19日 (火)

マーク・ウォールバーグ、新作スパイ映画の出演へ

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグがネットフリックスが贈る新作スパイ映画『Our Man in New Jersey』への出演へ向けて現在交渉中だという。マークの出演が決まれば労働者階級版ジェームス・ボンド風キャラクターを演じることになるそうだ。マークはまた、原案を手掛けたスティーヴン・レヴィンソンと共に製作も務めるそうで、脚本においては、『デンジャラス・ラン』のデヴィッド・グッゲンハイムが現在交渉中だという。マークとレヴィンソンは、マークがタイトルロールを演じた昨年製作のネットフリックス映画『スペンサー・コンフィデンシャル』でもタッグを組んでいた。

2020年5月13日 (水)

マーク・ウォールバーグ、コロナ最前線で働く医療従事者へ食事を提供

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが、自身が経営するハンバーガー・チェーン、ウォールバーガーズを通して新型コロナ感染拡大と最前線で戦う人々に食事を提供している。同チェーンは、デル・フリスコズ・ダブル・イーグル・ステーキ・ハウスと提携して、第一対応者たちの職場に食事を贈っているそうだ。店舗が通常営業できない中でも、地元コミュニティを出来る限り支援したかったという同社は、先週からマンハッタンで医療従事者や第一対応者を対象に食事提供を始めており、11日(月)のニューヨーク州スタテンアイランドまで続けられるようだ。

2020年3月31日 (火)

マーク・ウォールバーグ、ミュージカルはやらない?

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグはミュージカルを製作するつもりはないようだ。マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチのボーカルで有名になったマークは、仕事中に自意識過剰になることもなく、馬鹿馬鹿しく見えるのを恐れないそうだが、歌や踊りについてはあまり好ましくないようだ。
ラブコメを製作する可能性について尋ねられ、「興味あるよ!でも歌や踊りは無しでね。ミュージカルはやらないよ」「これまでに僕が望んでいた以上に歌ったり踊ったりする必要があったんだ。映画の中でね。一番やりたくないことだね。はっきり言うと、僕は本当に自意識過剰ではないし、隙だらけや馬鹿馬鹿しく見えても構わないけど、でも踊ったり歌ったりしている時は自分が馬鹿馬鹿しく感じるんだ」とマークはオブザーバー誌に話している。
またマークは念入りに役作りをするのが好きだそうで、台本を受け取ると1日に3、4回は読みたいという。
そんなマークは、ピーター・バーグ監督のアクションコメディ新作『スペンサー・コンフィデンシャル』で、買収された同僚たちを告発しようとしたせいで5年間収監され、出所後も彼らに狙われていることに気づく元警官役を演じているが、このネットフリックス作品はユーモアを抑えたことで無理矢理感はないという。
「ある時点では、ピーターはユーモアの方を押していたんだけど、ちょっと引っ込めることにしたんだ。コメディをやり過ぎると、困ったことになると思うよ。微妙なバランスだね」

2019年11月18日 (月)

マーク・ウォールバーグ、映画版『アンチャーテッド』のサリー役に!?

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが、映画版『アンチャーテッド』への出演交渉の最終段階に入っているそうだ。トラヴィス・ナイトがメガホンを取る人気ビデオゲームの映画化作品で、主役のネイサン・ドレイクの友人であるサリーことヴィクター・サリバン役の交渉中だという。ソニー・プレイステーション・プロダクションにとって初の長編映画となる『アンチャーテッド』では、トレジャーハンターであるネイサンを若き日々から描く。デヴィッド・O・ラッセルが監督を務めることになっていた当時はネイサン役としてマークの名前が挙がっていたものの、その後ラッセルの降板を受けて、トム・ホランドに渡っていた。一方マークには、来年公開予定のピーター・バーグ監督作品『Wonderland』も控えている。エース・アトキンス著作「スペンサー」シリーズの小説『Robert B. Parker's Wonderland』が原作の同作品でマークは、覆面捜査を行う前科がある刑事のスペンサー役を演じる。

2019年10月29日 (火)

マーク・ウォールバーグ、なりすまし詐欺をファンへ警告

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグ(48)が、自身のふりをしたなりすまし詐欺に引っかからないよう呼び掛けている。マークは24日(木)、自身の写真を使って大金を要求する詐欺事件が起こっているとして、ソーシャルメディアを通してファン達に警告した。他人の体に自身の顔がついた合成写真と共にワッツアップへメッセージを送るよう求めた投稿をシェアし、8万5000ドル(約920万円)を騙し取られた人の報告を受けたばかりだとして注意を促した。そして被害を受けた人達には、そのスクリーンショットをmarkwahlbergimposters@gmail.com送るよう呼び掛けている。一方で、今年に入ってからヒュー・ジャックマンも自身の名前を使い金銭を要求する詐欺行為が行われていたことから、ファン達に警戒を呼び掛けていた。

2019年7月31日 (水)

マーク・ウォールバーグ、新作映画『Arthur the King』に出演へ

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが新作映画『Arthur the King』の出演契約を交わした。『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』を映像化する本作で、エクアドルでアドベンチャーレースに挑むスウェーデン出身のミカエル・リンドノードを演じる。パラマウント・プレイヤーズによる本作で、ジャングルでの400マイルレース中に怪我をした野良犬に出会ったリンドノードは、その後の過酷なコースでも自身の元を離れない犬の飼い主となり母国スウェーデンに連れて帰ることを決断する。『3時10分、決断のとき』のマイケル・ブラントが脚本を執筆するほか、マーク・キャントンやタッカー・トゥーリー、コートニー・ソロモン、テッサ・トゥ―リーらが製作を担う。そんなマークだが、先月にはクリス・エヴァンスの後任として『Infinite』に出演すると報じられていた。

2019年7月 3日 (水)

マーク・ウォールバーグ、新作映画でクリス・エヴァンスの後任に

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが新作映画『Infinite』にクリス・エヴァンスの後任として出演する。D. エリック・メイクランツが2009年に発表した小説『ザ・リーインカーネーショニスト・ペーパーズ』を原作に、アントワーン・フークア監督と脚本家のジョン・リー・ハンコック、イアン・ショーらによって映像化される本作に向けて、今年2月に出演契約を交わしたクリスだったが、スケジュールの都合により降板するに至った。2020年8月7日公開予定の同作は、ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズの下、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラやマーク・バーラディアン、ジョン・ゾーザーニーが製作を担当するほか、ラフィ・クローンが製作総指揮を務める。原作小説では、前世を完全に記憶している秘密社会の人々コグノーメンやその仲間に入ったものの前世の人間2人の記憶に怯えトラブルに巻き込まれる若者を描いていた。

2018年9月14日 (金)

マーク・ウォールバーグは毎朝2時半起き!

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグ(47)は毎朝2時半に起床するのだそうだ。マークは1日の始まり前に1時間半のワークアウトの時間を確保するため、毎日そんなに早く起きているのだという。インスタグラム・ストーリーで明かされたマークの日課では、午前2時半に起床した後短時間の祈りを経て3時15分に朝食、その後ワークアウト、シャワー、ゴルフ、そして軽食を取ってからメインの1日を始め、家族や仕事に時間を取った後、午後7時半頃には就寝するとされている。そんなマークの想像を絶するワークアウト習慣については以前、ロケ地では滞在先のホテルの部屋をプライベートジムにしてしまうこともピアース・モーガンによって明かされていた。

2018年8月20日 (月)

マーク・ウォールバーグ、新作映画『マイル22』はR指定になると公表

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグは主演映画『マイル22』が登場人物の暴力的な表現を含むため、R指定作品になると明かした。同作で製作も兼ねるマークは、作品自体の激しさに触れ、そこまでやる必要があった理由を説明した。CIAの特殊部隊がテロリストと戦いながら、22マイル(約36キロ)先の脱出地点まで最優先護衛対象を守ろうとする姿を描くこの新作を、マークはできる限りリアルに描きたかったという。自身が演じる主人公のジミー・シルヴァというキャラクターに徐々にはまっていったというマークは、そのキャラクター本位で進めるアクション映画を作ることを目指すようになったのだそうだ。

2018年6月29日 (金)

マーク・ウォールバーグ主演作『Mile 22』 、公開前に続編製作決定!?

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグ主演作『Mile 22』の続編製作が予定されているようだ。マークがジェームズ・シルヴァ役で出演もする同作は8月17日公開予定だが、製作側はヒットを見込んでいるようで、すでに続編に向けて動き出しているようだ。STXエンターテイメントはすでに、続編の脚本に向けてウマイル・アリームを候補に挙げるなど動き出しているというが、今後の撮影予定や公開予定日などは不明だ。ピーター・バーグ監督による本作は、マーク演じる優秀なアメリカの諜報部員が、機密情報を持った警察官を国外に脱出させようとする物語で、ローレン・コーハン、ジョン・マルコヴィッチらが出演する。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ