マーク・ハミル(Mark Hamill)

2020年7月 2日 (木)

マーク・ハミル、カットされた『スター・ウォーズ』重要シーンを振り返る

マーク・ハミルマーク・ハミル(68)は、あるシーンが削除されていなかったら「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカーの物語は全く違ったものとなっていたと考えているという。マークは後に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』と改題される1977年のシリーズ第1弾に含まれることがなかった、レイラ姫の宇宙船とダース・ベイダーのスター・デストロイヤーとの戦闘シーンをルークがタトゥイーンから目撃する場面を振り返り、そこで、帝国軍の制服を着た友人ビッグスが反乱軍への乗り換えを考えていると知ったことが、ジェダイへの道を歩む最初の動機づけになったとしている。最初の3作でルーク役を演じ、その後続編3部作で同役を再演したマークは、ルークに政治的動機が一切なかったことを示すこのシーンが、キャラクターに深みを与えることになったと考えているようだ。

2020年5月18日 (月)

マーク・ハミル、ルーク・スカイウォーカー役の再演は絶対なし

マーク・ハミルマーク・ハミル(68)は、「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役を演じることは2度とないそうだ。マークは、1977年の第一作目からシリーズ本編の完結作となる昨年公開の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に至るまで、ルーク役として世界中のファンに親しまれてきた。そんなマークだが、新3部作で同役を再演できたことを嬉しく思っているものの、再びライトセーバーを振りかざすことはないと話す。再び「スター・ウォーズ」に出演することはあるかと質問され、マークはこう答えている。「想像できないね。だからノーだ」と回答、同シリーズからは当初期待していたものをはるかに超えるものをもらったとし、関係者やキャラクターに対する感謝の気持ちで一杯であると話している。

2020年4月 8日 (水)

マーク・ハミル、「スター・ウォーズ」ファンに感謝の手紙

マーク・ハミルマーク・ハミル(68)が、「スター・ウォーズ」シリーズのファンに感謝の手紙を綴っている。2019年作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を最後にルーク・スカイウォーカー役に別れを告げたマークがその思いを明かしたかたちだ。1979年に初めて同役でスクリーンに登場したマークは、近日発売予定の『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ コンプリートBOX』 に含まれているその手紙の写真をツイッターに投稿、「一つの時代が終わり、もう一つの時代が始まろうとしている時に思うこと」とキャプションをつけた。故キャリー・フィッシャーとハリソン・フォード共に1976年から歩んできた道のりを振り返りつつ、前8章までおよぶ作品になるとは当時誰も思っていなかったと胸中を明かした。

2019年12月21日 (土)

マーク・ハミル、『SWスカイウォーカーの夜明け』にハリー・スタイルズ出演を示唆!?

マーク・ハミル夫妻マーク・ハミル(68)が、ハリー・スタイルズの『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の出演を示唆した。シリーズ最新三部作の最終章で、自らが演じたルーク・スカイウォーカー役に別れを告げることとなるマークによると、ハリーはどうやらストームトルーパーの一人として密かに同作品に出演しているようだ。16日(月)にロサンゼルスで開催されたプレミアの前にマークはツイッターで、「秘密のストームトルーパー」はこれまで全員イギリス出身のスーパースターだったが、歌手はいなかったとし、「全てのヒントは、一つの方向(ワン・ダイレクション)を指している。#スタイルトルーパー」と綴ってハリーの出演を示唆したほか、過去の「秘密のストームトルーパー」だったウィリアム王子とヘンリー王子、ダニエル・クレイグ、トム・ハーディの写真などを投稿している。

2019年4月 3日 (水)

リメイク版『チャイルド・プレイ』、チャッキーの声は『スター・ウォーズ』のマーク・ハミル!

マーク・ハミルマーク・ハミルがリメイク版『チャイルド・プレイ』で殺人鬼の人形チャッキーの声を務める。オーブリー・プラザ、ブライアン・タイリー・ヘンリーらが出演する名作ホラー映画のリバイバル版で、「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でおなじみのマークが殺人人形の声優を担当することが発表された。日本で7月19日から公開が決定している同作について、『IT/イット それ が見えたら、終わり。』も手掛けたプロデューサーのデヴィッド・カッツェンバーグは、アニメ版『バットマン』でジョーカーの声も担当したマークが参加することを心から喜んでいるようだ。1988年のオリジナル版では、何も知らない母親から殺人鬼の魂が宿っている人形をもらうアンディの姿が描かれたが、今回のリメイク版では人形ではなく、最先端テクノロジー会社・カスラン社が開発した高性能AIという設定になるようだ。

2018年5月31日 (木)

マーク・ハミル、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾に出演?

ジェームズ・ガン、マーク・ハミルマーク・ハミルが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾への出演の可能性について言及した。「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でお馴染みのマークは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで監督を務めているジェームズ・ガンと共に、自分が過去にマーベル・シネマティック・ユニバースに出演する可能性があったことを明かし、続編への出演の噂に肯定的な構えを見せている。ガンはインスタグラムにマークとの写真を投稿し、家族ぐるみでバーベキューを楽しんだことを報告し、マークも同様に何でも話す仲だというガンとの会話の中でマーベル・シネマティック・ユニバースの話題が持ち上がると明かしている。

2018年4月 9日 (月)

マーク・ハミル、故キャリー・フィッシャーの代役は前途多難

マーク・ハミルマーク・ハミルが「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード9でキャリー・フィッシャーの代役を探すのは大変だと明かしている。キャリーはオリジナル3部作でレイア姫を演じ、2016年からの新シリーズでも再び同役で出演していたが、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』撮影後に帰らぬ人となってしまった。しかし、同作でメガホンを取ったライアン・ジョンソンは劇中で彼女の死を扱わないことを決め、レイア姫の運命はエピソード9にて再び同シリーズの監督を務める予定のJ・J・エイブラムスに委ねられることとなった。最近、ファンは最新作でメリル・ストリープを同役にキャスティングするように請願していたが、マークはキャリーの代わりは誰にもできないと考えているそうだ。

2018年3月30日 (金)

マーク・ハミル、ルークはエピソード9で死ぬはずだった

マーク・ハミルマーク・ハミルが、自身が演じたルーク・スカイウォーカーに関するジョージ・ルーカスの考えを明かしている。2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではルークは最後の30秒間だけの登場だったが、昨年公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では全編に登場し、最終的に味方の生き残りを逃すために死ぬという重要な役割を果たした。しかし、マークは、ルークが妹のレイア姫(キャリー・フィッシャー)にフォースの特訓を施した後エピソード9で死ぬことがルーカスの構想だったことを明かした。オリジナル3部作ではフォースを使える兆候も見せなかったレイアが、自分の身を守るためにフォースを駆使して宇宙遊泳するシーンに多くのファンは混乱し驚いていた。マークは、ルーカスが1970年代のオリジナル3部作では登場するキャラクターたちに対して円環を成すつながりを考えていたが、この新しい3部作にはリレー競走のようなものを感じるそうだ。昨年はレイアの最後のシーンを撮影後キャリーが亡くなってしまったが、マークは死んだルークが次回作で「フォース・ゴースト」として再登場するかどうかは分からないとも明かしていた。

2018年3月29日 (木)

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ』ルークの名字がスカイウォーカーではなかったことを暴露

マーク・ハミルマーク・ハミルが「スター・ウォーズ」シリーズで演じているルーク名字が当初スカイウォーカーではなかったことを明かした。スカイウォーカーという名字がすっかり定着しているルークだが、マークによると、当初はスターキラーという名字だったのだという。マークは名字が変わったことにより、第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でルークとハン・ソロ(ハリソン・フォード)がレイア姫(キャリー・フィッシャー)を救う場面を撮り直す必要があったというエピソードをツイッターで明かした。前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルークは死を迎えたが、マークは続編にも出演したいようで、霊体での登場を希望しているようだ。

2017年12月20日 (水)

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で2役を演じていた!

デイジー・リドリー、マーク・ハミルマーク・ハミルが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルーク・スカイウォーカー役だけでなく、宇宙人の声も担当していたことが分かった。シリーズ第8弾となる最新作でマークは、ジェダイ・マスターだけでなくドッブ・スケイというCGIによるキャラクターの声も務めていたという。しかしマークは謎めいているところが好きだとして、そのキャラクターの詳細を語ることを避けた。CGIのキャラクターを演じてみたかったというマークは、カジノのシーンのセットで150人のエキストラが奇抜な衣装に身を包んでいる中、シーンの詳細を目にしたそうだ。そんなマークは声優としての活動で良く知られており、ジョーカー役としてアニメ版『バットマン』をはじめ、映画作『バットマン:キリングジョーク』などDCコミックのアニメシリーズ作に出演してきている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ