マンディ・ムーア(Mandy Moore)

2019年3月28日 (木)

マンディ・ムーアがハリウッドの殿堂入り

マンディ・ムーアマンディ・ムーアが、ハリウッドの殿堂入りを果たした。25日(月)ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名を刻んだマンディは、マイロ・ヴィンティミリアやスターリング・K・ブラウン、ジョン・ウエルタス、ジャスティン・ハートリー、クリッシー・メッツ、スーザン・ケレチ・ワトソンなど『THIS IS US 36歳、これから』のキャスト陣や夫テイラー・ゴールドスミスらが見守る中、2002年公開の『ウォーク・トゥ・リメンバー』の共演者シェーン・ウェストと共にアダム・シャンクマン監督によって起用された当時を振り返った。15歳だった1999年にヒット曲『キャンディー』で歌手デビューを飾りながらも、最近女優として大きく飛躍しているマンディについて、『THIS IS US』のクリエイターであるダン・フォーゲルマンはスピーチの中で、その才能が開花したばかりだとして今後の活躍に期待を寄せた。

2015年7月29日 (水)

マンディ・ムーアに新恋人?

マンディ・ムーアマンディ・ムーアが、ドウズのテイラー・ゴールドスミスと交際中だと報じられている。『恋とスフレと娘とわたし』などで知られるマンディは、今年に入ってから6年間の結婚生活を送った夫ライアン・アダムスとの破局を発表していたが、現在はドウズのリードシンガーであるテイラーと熱愛中だという。過去にはテニス選手のアンディ・ロディックやウィルマー・バルデラマ、ザック・ブラフなどとの交際歴もあるマンディは7月24日、テイラーがボードゲームをしている姿を写した写真にピンクのハートマークをつけてインスタグラムに投稿しており、2人が交際中であることをさりげなく認めたものとみられている。マンディはさらに、最近行われたドウズのミネアポリスやファーゴの公演を収めた数々の写真も同サイトへ投稿していた。

2011年1月27日 (木)

ラプンツェル役のマンディ・ムーア、アテレコ中にあやうく発狂?

マンディ・ムーア最新ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』で、ヒロイン・ラプンツェルの声を担当したマンディ・ムーアは、同作のアテレコで発狂しそうになったそうだ。マンディは、他の俳優たちと一緒にスタジオに入らないと知り、意気消沈したうえ、1人で2時間近く話し続けている自分は、頭がおかしいのではないかと感じてしまったそう。そんなマンディだが、究極の夢を成就するためには誰にも邪魔させないという信念の持ち主であるラプンツェルを演じられたことを誇りに思っており、これから映画を観る人達に“典型的な囚われの姫君”を期待しないようにと忠告している。

2009年3月20日 (金)

マンディ・ムーアが、電撃結婚!

3月10日、マンディ・ムーアとロック歌手のライアン・アダムスが、2人だけの結婚式を挙げたことが明らかになった。2人は先月婚約したばかりだが、マンディはずっと結婚を望んでおり、本人たちにとっては電撃ではないようだ。ウェディングプランナーの話では、2人は家族や友人らにも知らせることなく、ジョージア州の教会で挙式。指輪を交換して愛を誓い合う、シンプルでロマンティックな式だったそう。その後、婚姻届けを提出したが、周囲は2人のことをまったく気がつかなかったという。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ