マッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)

2020年12月 6日 (日)

マッツ・ミケルセン、グリンデルバルド役にジョニー・デップとのつながりを模索

マッツ・ミケルセンマッツ・ミケルセンは、「ファンタスティック・ビースト」第3弾でジョニー・デップの代役を務めるにあたり、「全く別物」にするつもりはないという。同シリーズでゲラート・グリンデルバルド役を演じてきたジョニーが先月、元妻アンバー・ハードとの結婚生活においてジョニーが「暴力夫」であったと報じた英ザ・サン紙に対する名誉毀損裁判で敗訴した直後、『ハリー・ポッター』のスピンオフである同シリーズからの降板が発表され、それから間もなくしてマッツが後任に決定していた。これを受け、マッツはジョニーが演じてきたその役と自分のバージョンに「懸け橋」が必要だと考えているようで、自分なりのものにしつつも、ジョニーが見事に演じてきたこととのつながりを持ちたいと模索しているようだ。一方、この役柄を演じることは嬉しいというマッツだが、「悲しい状況下」でのオファーだったと複雑な心境のようで、ジョニーとアンバーにとって「一番良いことを願うばかり」とコメントしている。

2020年11月13日 (金)

マッツ・ミケルセン、『ファンタビ』第3弾でグリンデルバルド役に!?

マッツ・ミケルセンマッツ・ミケルセン(54)が、『ファンタスティック・ビースト』第3弾で、先日降板が発表されたジョニー・デップに代わりグリンデルバルド役を演じることになりそうだ。デヴィッド・イェーツ監督は、『ドクター・ストレンジ』などへの出演でも知られるマッツを同役の第1候補と考えているそうで、3作目の撮影がすでに開始していることからワーナー・ブラザースはマッツとの交渉成立を急いでいると言われている。すでに同新作の1シーンを撮影していたというジョニー(57)だが、英ザ・サン紙に対する名誉棄損訴訟で敗訴したことを受けてか、ワーナーから降板を求められ、それに同意したと先日発表していた。

2016年4月 7日 (木)

マッツ・ミケルセン、『ドクター・ストレンジ』のドーマムゥ役?

マッツ・ミケルセンマッツ・ミケルセンが実写版「ドクター・ストレンジ」の中でドーマムゥ役を演じるのではないかという噂が飛び交っている。ドラマ「ハンニバル」で精神科医ハンニバル・レクター役を務めていたマッツは、同映画作品に魔術師として出演することは分かっているものの、役どころの詳細はまだ明らかになっていない。しかし先日、目の周りが浅黒くくぼみ、ひび割れた肌で衣装に身を包んでいているマッツの姿がニューヨーク内の撮影現場で目撃されたことで、マーベル・コミックのファンたちの間でそのキャラクターがドーマムゥ、もしくは悪者ナイトメアなのではないかと推測が飛び交っているところだ。今年11月公開予定のスコット・デリクソン監督がメガホンを取る『ドクター・ストレンジ』ではベネディクト・カンバーバッチが主役ドクター・ストレンジ役をつとめ、キウェテル・イジョフォーがモルド男爵として登場する。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ