マドンナ(Madonna)

2017年4月27日 (木)

マドンナの伝記映画が製作へ

マドンナマドンナの伝記映画が製作されるようだ。ユニバーサルはエリース・ホランダーによる脚本『Blond Ambition』の権利を獲得しており、同作品ではマドンナが1作目のアルバムを制作するまでの軌跡や、1980年代の活動初期の頃の苦難に満ちた日々が描かれるようだ。映画化がまだ決定していない優秀な脚本を選ぶブラックリスト賞の2016年度作品に選ばれていたこの脚本の中では、マドンナの恋愛遍歴や名声を手に入れてからの経験についても触れられるという。ホランダーにとって『ブロンド・アンビション』は脚本家デビュー作となるが、これまでに2014年作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の際にアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督のアシスタントをした経験を持つ。プロデューサーには「フィフティ・シェイズ」シリーズのマイケル・デ・ルカが決定している。

2016年11月25日 (金)

マドンナの息子が大麻所持により逮捕

ロッコ・リッチーマドンナの息子ロッコ・リッチーが、大麻所持により逮捕された。マドンナと元夫で映画監督のガイ・リッチーの息子であるロッコは、喫煙かドラッグの使用を疑った近隣住民の通報により駆け付けた警察官によってリュックサック内から大麻が発見され、ロンドン北部プリムローズ・ヒルで逮捕されたという。ロッコはその近辺では悪い意味でよく知られた顔になっていたそうで、うんざりした地元住民がついに警察に通報したようだ。ロッコは警察が到着した際、友人と座っていたが、警察官がロッコの洋服に大麻使用の跡があることに気づいたという。その後保釈され、青少年が軽犯罪により初めて逮捕された際に適用される更生システム下に置かれていると思われている。そんなロッコは9月、両親間の激しい親権争いに決着がついたばかりのところだった。マドンナとガイはその際、ロッコが今回の逮捕現場からわずか3キロほどのフィッツロヴィア地区にあるガイの自宅で暮らしながらも、アメリカにいる母親の元を頻繁に訪れることで同意に至っていた。

2016年11月 2日 (水)

イドリス・エルバ、プロキックボクサー初戦で勝利!

イドリス・エルバイドリス・エルバが、プロキックボクサーとしての初試合で勝利を収めた。ディスカバリー・ネットワークス・インターナショナル局で放送予定のドキュメンタリーシリーズ「Idris Elba: Fighter」の中で、イドリスはプロキックボクサーになるべく元プロボクサーのナイジェル・ベンからトレーニングを受けてきた。そして10月28日、ロンドンのヨーク・ホールにて番組が準備したプロとしてのデビュー戦で初の勝利を収めたのだ。この試合の様子はイドリスの友人でもあるマドンナによって撮影されており、週末中にイドリスとの写真を何枚もスナップチャットに投稿し、試合後の午前3時にレストランでも仲むつまじい姿を見せていたという。そんなマドンナとは、熱愛の噂も飛び交っている。

2016年10月 4日 (火)

マドンナ、自宅マンションのオーナーを提訴!?

マドンナマドンナが、自宅マンションの建物内に家族が入ることを禁止したマンションのオーナーを訴えているという。同マンションのオーナーであるザ・ワン・ウエスト・64th・ストリートが、マドンナが自宅にいない場合、マドンナの子供たちおよびスタッフらの入室を禁じるという厳しいルールを施行したことに対して訴えを起こしていると報じられている。12年前にマドンナが最初に同ビルに入居した際にはビルのオーナー側もマドンナの社会的地位やライフスタイルを理解していたため、他の人が滞在することを禁じてはいなかったというが、その4年後に購入したもう1つの部屋に対してこの禁止令が出されたようだ。これに対してマドンナは、自身が世界的に有名なアーティストであることは当時も現在も変わりないとして、扱いの変化を指摘している。

2016年8月23日 (火)

マドンナのラブレター、ドキュメンタリー作で公開へ

マドンナマドンナの非常に個人的な手紙やベッドで作られた音源などが、新作ドキュメンタリーで明かされることになるという。ガイ・ギド監督によるブレックファスト・クラブを描いた『エミー・アンド・ザ・ブレックファスト・クラブ』のために、マドンナと1年半に渡って交際していた同バンドのダン・ギルロイが過去の動画や手紙、写真などを掘り返したようだ。マドンナがニューヨークの廃墟となったシナゴーグにダンとその兄弟のエドと一緒に住んでいた1979年から1982年に焦点を当てた同作には、インタビューや回想シーンなども含まれ、マドンナがダンに宛てて書いた詩的なラブレターなども登場するという。またマドンナとダンがベッドで作ったという20分に渡るカップルのやりとりを写した動画も公開されるようで、監督はマドンナの許可なしにこういった私的な所有物を作品に含む決定を下すのが簡単ではなかったとしながらも、ダンはその親密な様子を映した画像を公開する時がきたと感じたという。

2016年1月 7日 (木)

ガイ・リッチー監督、マドンナとの親権を巡る裁判のために弁護士を雇用!

ガイ・リッチーガイ・リッチー監督が、マドンナとの息子の親権を巡る裁判のために弁護士を雇ったようだ。リッチー監督の長男ロッコは、父親と共にロンドンに定住することを希望しており、つい最近ではクリスマスに母マドンナと過ごすためニューヨークに戻るという裁判所の命令を拒否していたが、そんな息子の姿勢をリッチー監督も出来る限り支援しようとしているという。ロッコはリッチー監督やその妻ジャッキー・エインズリー、そしてその3人の子供たちと一緒に暮らすほうが安定した愛のあふれる生活を送ることが出来ると思っており、その一方で母マドンナはコントロールしようとしすぎている割にはそれほど自身のことを気にしていないと感じているようだ。先日にはマドンナがインスタグラムにロッコに関する投稿を行ったことに気分を害したロッコが同ソーシャルメディアでマドンナをブロックするという事態も起きており、母子の関係が思わしくないことが明るみになっていた。

2015年12月25日 (金)

マドンナの息子、裁判所命令でクリスマスはマドンナと過ごすことに

マドンナマドンナの息子ロッコに、クリスマスは母親と過ごすように裁判所から命令が下された。最近では父親で映画監督のガイ・リッチーと一緒にロンドンに滞在しているロッコだが、裁判所から今年のクリスマスは母マドンナのいるニューヨークで過ごすよう言い渡されたのだ。マドンナは12月23日、息子のクリスマスの過ごす場所についての問題を裁判所に提出したことでマンハッタンの裁判所がこの決断を下したのだが、リッチー監督側の弁護人はロッコはニューヨークに戻りたくないと意思を明確に示していると裁判所に伝えたという。ロッコはマドンナの「レベル・ハート・ツアー」に一緒について世界を回っていたこともあり、マドンナとクリスマスを一緒に過ごしたくないとも言われている。マドンナとリッチー監督は2008年に離婚を成立させている。

2015年10月23日 (金)

ショーン・ペンの娘がマドンナとの復縁説を否定

ディラン・ペンショーン・ペンの娘でモデルのディラン・ペンが、父と元妻マドンナの復縁説を否定した。ディランは先月、マディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートでショーンから4年間の結婚生活を経て1989年に離婚したマドンナを初めて紹介されていたが、2人はただの仲の良い友人であり、最近噂されているような関係になっていることはないとした。元夫婦でありながらそんな良好な関係を維持していることを称賛している一方で、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で人気のロビン・ライトを母に持つディランは、父の前妻に会うのが不思議な気分であったことも認めていた。ショーンは6月にシャーリーズ・セロンと婚約解消して以来、いまだにシングルのようだ。

2015年8月26日 (水)

マドンナ、リアリティ番組に向けて出演交渉中

マドンナマドンナが、リアリティ番組への出演について交渉中だという。マドンナは「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のクリエイターであるブニム・マレー社からリアリティ番組の制作話を持ちかけられており、友人であるキム・カーダシアン・ウェストとカニエ・ウェスト夫妻が同ジャンルを「クール」なものにしたと感じていることから自身の出演にも乗り気なのだという。3月に13作目となるスタジオアルバム『レベル・ハート』をリリースし、来月からツアーも予定されているマドンナはこの番組が実現するとすれば、ローデス(18)、ロッコ(15)、デービッド(9)、マーシー(9)の4人の子供たちのほか、恋人候補などについても見せることになると思われている。

2015年6月19日 (金)

マドンナ、新作ミュージック・ビデオの豪華出演陣を発表

マドンナマドンナが新作ミュージック・ビデオにケイティ・ペリー、リタ・オラ、ニッキー・ミナージュ、ビヨンセが登場することを明らかにした。ニューシングル「ビッチ・アイ・アム・マドンナ」のミュージック・ビデオで人気アーティストが勢ぞろいすることを発表したマドンナは、全参加アーティストが載った映画のポスター風な画像をインスタグラムに投稿し、ビデオも近々公開されると予告した。また、マイリー・サイラスはプロモーション向けのポスター撮影には参加できなかったものの、ビデオには参加しているようだ。このスター勢揃いのビデオはセレーナ・ゴメス、エリー・ゴールディング、リリー・オルドリッジ、レナ・ダナムらが出演したテイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」のミュージック・ビデオと比較されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ