M・ナイト・シャマラン(M. Night Shyamalan)

2020年10月 1日 (木)

M・ナイト・シャマラン、最新作のタイトルは『Old』

M・ナイト・シャマラン (c)twitterM・ナイト・シャマラン監督による最新作のタイトルが『Old』であることが発表された。『スプリット』などで知られるシャラマンは、草原の中でそのタイトルが書かれたカチンコを持っている写真を投稿、「新作の初シーンをここで撮影していることが奇跡に感じる。タイトルは『Old』」と発表している。そこでは砂時計と思われるデザインが描かれたモノクロのポスターの画像も公開されており、「脚本家であり監督のM・ナイト・シャマランによる新たな旅。時間の問題」とだけ書かれているが、詳細については明らかになっていない。その思いもよらない展開で知られるシャラマンが自ら脚本、製作、監督を務める新作には、ルーファス・シーウェル、エンベス・デイヴィッツ、イーモン・エリオット、ガエル・ガルシア・ベルナル、イライザ・スキャンレン、トーマシン・マッケンジー、アーロン・ウルフらの出演が予定されている。

2020年4月10日 (金)

M・ナイト・シャマラン監督新作映画、公開が前倒しに

M・ナイト・シャマランM・ナイト・シャマランのタイトル未定作の公開が前倒しとなった。ユニバーサルは8月14日だったアクションスリラー作『Nobody』の公開日程を来年2月26日へと変更た代わりに、『ミスター・ガラス』などで知られるシャマラン監督による新作スリラー作を8月に公開することを発表した。イリヤ・ナイシュラー監督の最新作である『Nobody』は、『ベター・コール・ソウル』でおなじみのボブ・オデンカーク演じる郊外に住む妻からあまり相手にされない平凡な父親が主人公となっており、ある晩、自宅に強盗が入ったことで内なる憤慨が爆発、過去の重大な秘密が明らかになって行くといった内容だ。

2019年9月19日 (木)

M・ナイト・シャマラン、ユニバーサル作品を2本製作へ

M・ナイト・シャマランM・ナイト・シャマランがユニバーサル・ピクチャーズの下、新たに2本の映画を製作すると発表した。『シックス・センス』や『サイン』、『ヴィレッジ』などで有名なシャマランは、それぞれ2021年2月26日と2023年2月17日公開予定の作品で、脚本と製作を担当するという。現在、アップルTVプラス向けに全10話の心理スリラードラマ『Servant』の制作に取り組んでいるシャマランは、ユニバーサルがオリジナル作品に徹底しているところを魅力に挙げており、それが今後も劇場公開作が生き残るためのカギとなると考えているようだ。一方でシャマランは以前、『アンブレイカブル』や『スプリット』の続編で3部作の最終章となる『ミスター・ガラス』の不評を耳にして涙したと明かしていた。最終的に世界全体で興行収入2億4700万ドル(約260億円)を記録した同作だが、当初の反応に比べ、作品自体が予想外に低評価だったことにシャラマンは動揺したのだそうだ、




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ