ルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong'o)

2018年5月 7日 (月)

ルピタ・ニョンゴ、『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版に出演か

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴが、ジョン・ウー監督による1989年の香港映画『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版の出演に向けて交渉中のようだ。オリジナル版では、チョウ・ユンファが殺し屋を演じていたが、再びメガホンを取る予定のウーは女性を主人公にした作品にしたいという。『ブラックパンサー』も記憶に新しいルピタがその出演に向け交渉中で、ユニバーサル・ピクチャーズは早急な製作に向けて動いているところのようだ。オリジナル版は、誤って歌手の目を見えなくしてしまい絶望した殺し屋が、ボスを裏切り、その歌手を助けるための費用を稼ごうと最後の殺しの仕事を引き受けるという物語。バレエのようなスタイリッシュなスタントを用いたクラシック映画と支持されており、ウーはリメイク版でもそれを再現しようとしているようだ。

2018年4月 3日 (火)

ルピタ・ニョンゴ、マーベル主演映画を熱望

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴがマーベル映画での主演作を熱望しているようだ。現在公開中の『ブラックパンサー』にナキア役で出演しているルピタは、そのキャラクターをメインにしたスピンオフ作を希望しているという。ルピタはその一匹狼的なキャラクターが気に入っているそうで、「彼女がとても独立した女性で、本当の意味での愛国心を持った一匹狼なところが好きだわ」「それに密かに行動するところとか全ての能力が大好き。素晴らしい戦闘能力や賢いところ、それに王への影響力もね」と答えた。そんな戦士役を演じるために厳しいトレーニングをこなしたルピタは、自身でスタントもこなしたことにより、なんでもできるような自信がついたとに話す。「自分で出来るなんて思ったこともないようなことが、セッションの最後には出来るようになっていたりして、『今の私って何でも出来るかも』っていう気分になったわ」そのトレーニングの中で数々の新たなスキルを身につけたそうで、「すごく厳しかったわ。6週間くらいブートキャンプで激しいトレーニングをしたの」「カポエラとか柔術、柔道みたいな格闘技の技を身に着けなくちゃいけなかった」「銃器や輪っか状の剣みたいなのの使い方も学んだし、すごく大変だったけど楽しかったわ」と語った。

2018年2月26日 (月)

ルピタ・ニョンゴ、トレバー・ノアの自伝映画に出演

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴは、南アフリカ出身のコメディアン、トレバー・ノアの自伝を原作とした映画に出演するという。話題のマーベル最新作『ブラック・パンサー』に出演中のルピタだが、その自伝『ボーン・ア・クライム:ストーリーズ・フロム・ア・サウス・アフリカン・チャイルドフッド』を楽しく読んだようで、同作の映画化に携わることになった興奮をツイッターで表している。一方で、トレバーはルピタが自分の母親パトリシア役で出演することに喜んだという。同作のタイトルは、実の母親パトリシアが南アフリカで施行されていたアパルトヘイト法の元で混血児であるトレバーを出産したことに因んでいるという。2009年には母親が義父に頭を撃たれるも生き延びた事件を経験しているトレバーだが、自身もメインステイ・エンターテイメントのスタッフらと、自身が経営するアーク・エンジェル・プロダクションズを通して映画製作に参加するという。一方で、ルピタは海外では既に公開が始まっている『ブラック・パンサー』を初めて見た時、自分が出演していたことも忘れて魅入されたと明かしていた。

2018年2月 6日 (火)

マーベル新作『ブラック・パンサー』のファッションショーが開催!?

ルピタ・ニョンゴマーベル・スタジオがニューヨークコレクションにて新作映画『ブラック・パンサー』にインスパイアされたファッションショーを披露するという。今月12日(月)にニューヨークにてマーベルの同新作にちなんだ「Black Panther: Welcome to Wakanda」と題したファッションショーが開催されることになり、出演者のマイケル・B・ジョーダン、チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴらの出席も噂されている。同ショーにはクロマット、クシュニーエオクス、フィアオブゴッド、アイケルジョーンズといったブランドが参加し、同新作映画からインスピレーションを受けた1点ものの服がワシントン・ストリートにあるインダストリアにて発表される。同映画は初めて黒人を主役に迎えたスーパーヒーロー映画で、キャストもほぼ黒人が占めるなど、ハリウッドでは異例の作品としても話題になっている。

2016年5月13日 (金)

ルピタ・ニョンゴ、『ブラックパンサー』のヒロイン役に!?

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴが、スーパーヒーロー、ブラックパンサーの単独映画に出演する可能性が出てきた。2018年公開予定の『ブラックパンサー』の中で主役ブラックパンサーの恋人役としてアカデミー賞受賞女優であるルピタに白羽の矢が立っているという。『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督がメガホンを取る同作品の主役はチャドウィック・ボーズマンに決定しており、現在公開中の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出演している。ルピタはヒロイン役の候補に挙がっているものの、どのヒロインになるかには決定していないようで、差別組織ザ・サンズ・オブ・ザ・サーペントからブラックパンサーが救い出すアメリカ人歌手モニカ・リンの可能性もあるほか、ワカンダ王国とパリの通商代表者マライカ役の可能性もあるという。『X-MEN』のストーリーラインの中で2006年にブラックパンサーと結婚した設定になっているストーム役という話もあるが、現在「X-MEN」シリーズの映画版権は20世紀フォックスにあるため、そのキャラクターをマーベルが使う可能性は少なそうだ。

2015年3月 2日 (月)

盗難に遭っていたルピタ・ニョンゴの約1800万円のドレスが発見される!?

ルピタ・ニョンゴ盗難被害にあっていた、第87回アカデミー賞でルピタ・ニョンゴが着ていたドレスが、このほど発見されたとみられている。US ウィークリー誌によると、ルピタのためにカルバン・クラインが特別に制作した15万ドル(約1800万円)相当のそのドレスは、ルピタが滞在していたウェスト・ハリウッドにあるザ・ロンドン・ホテルのある浴室内で見つかった模様だ。今回の発見に至ったきっかけは、2月27日に身元が特定されている同誌のスタッフが行った警察への密告だったという。ルピタは「取り戻す可能性があってとても嬉しいです。時代を超えた、きわめて貴重な作品ですから」と声明を出している。その浴室内のカウンターの下で袋が見つかり、その中にルピタがアカデミー賞に着ていたものとみられるドレスが入っていたようだ。カルバン・クライン・コレクションのレディース部門のクリエイティブ・ディレクターを務めるフランシスコ・コスタは「カルバン・クライン一同はドレスが発見された可能性があることを喜んでいます。このドレスは我々とルピタの素晴らしいコラボ作であり、彼女が身に着けることで本当に美しく見えます。我々のもとに返ってきたら、ドレスを修復して、保管することができるでしょう。なぜならこのドレスは我がブランドの大切な瞬間を象徴しているからです」と語る。盗難した犯人は、パールが偽者だと気づきドレスを捨てたと見られている。

2015年2月27日 (金)

ルピタ・ニョンゴの約1800万円のドレスが盗難被害

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴが、第87回アカデミー賞の授賞式で着用していた15万ドル(約1800万円)相当のパールで装飾されたドレスが滞在先のホテルで盗まれたようだ。6000個のパールがふんだんに散りばめられたカルバン・クラインのカスタムメイドのそのドレスは、2月24日にウェスト・ハリウッドのザ・ロンドン・ホテルで盗難に遭ったと伝えられている。ルピタは自身が部屋を開けていた午後8時から9時の間にそのドレスが盗難に遭ったと警察に伝えているようで、警察は犯人特定のためにホテルの防犯カメラの映像を現在調べているとみられている。このドレスをハンドメイドで制作したフランシスコ・コスタは、ルピタのスタイルを際立たせ、かつカルバン・クライン・コレクションの美に調和するドレスにしたと説明していた。

2014年4月 9日 (水)

ルピタ・ニョンゴ、ランコムの顔へ抜擢

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴが、ランコムの広告塔に起用された。レッドカーペットの上を歩く時以外は、メイクアップをしないというルピタだが、過去にペネロペ・クルスやジュリア・ロバーツなども広告塔を務めていた同ブランドの顔に起用されたようだ。カリスマカメラマン、マート・アラス&マーカス・ピゴットによって撮影されたこの広告は、2014年9月に公開予定。ランコム側はルピタの起用について、その才能はもちろん、確固たる姿勢や偽りのないアフリカ系の美しさを持ちあわせている点、そして自身のキャリアにおいて好奇心を持ち、新しい事に臆することなく進んでいる点が、まさにランコムが提案する女性像だと説明している。

2014年3月19日 (水)

ルピタ・ニョンゴ、『スター・ウォーズ エピソード7』に出演?!

ルピタ・ニョンゴルピタ・ニョンゴが『スター・ウォーズ エピソード7』出演へ向けて交渉中のようだ。ルピタはアカデミー賞に先駆け、監督を務めるJ・J・エイブラムスと会って、ヒロイン役に向けて話し合ったと言われている。製作側はルピタと話をしている役柄については口を閉ざしているものの、オビ=ワン・ケノービに関連する役どころだとみられている。今回候補に挙がったルピタは、スティーヴ・マックィーン監督作『それでも夜は明ける』で奴隷の少女、パッツィーを演じ、アカデミー賞で助演女優賞を獲得している。また、最近ではジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、ミシェル・ドッカリー主演の新作スリラー『Non-Stop』にも出演している。

2014年3月 7日 (金)

マイケル・ファスベンダーとルピタ・ニョンゴが交際中?!

ルピタ・ニョンゴマイケル・ファスベンダーとルピタ・ニョンゴが交際を始めたようだ。アカデミー賞を受賞した『それでも夜は明ける』で共演したマイケルとルピタは、ここ数ヶ月間何となく交際を続けていたようだが、ここにきてマイケルがルピタとの交際を真剣に考え始めたようだ。昨年9月のトロント国際映画祭参加中に少しだけ交際していたという2人だが、マイケルがルピタに交際が真剣なものであることを示そうと、アカデミー賞の授賞式には同伴者として母親のアデルさんを連れてきていたという。ただ、アカデミー賞助演女優賞の受賞により、今世界で最も注目を集めている女性とも言えるルピタと交際を続けるのはかなりの試練だとも言われている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ