リウ・イーフェイ(Liu Yifei)

2020年8月 7日 (金)

実写版『ムーラン』、Disney+で配信へ

リウ・イーフェイ実写版『ムーラン』が劇場ではなく、Disney+での配信というかたちで公開されることになった。ディズニーは、新型コロナウイルスの影響で公開が延期されていた同新作を、プレミアム料金で配信する決断を下したという。アメリカでは9月4日に配信開始が予定されている同新作だが、視聴するにはDisney+の月額料金に加え、約30ドル(約3200円)を支払う必要があるという。しかしながら、同配信サービスが実施されていない国々では劇場公開されることになるようだ。実写版『ムーラン』は、当初3月27日に公開が予定されていたが新型コロナウイルスの影響で公開延期が発表されていた。

2020年3月17日 (火)

ディズニーが新作映画3本の公開を延期

リウ・イーフェイディズニーが新型コロナウイルスの拡大を受け、3本の新作映画の公開延期を発表している。同社は日本でもすでに5月22日に延期されていた『ムーラン』をはじめ、『ニュー・ミュータンツ』『Antlers』の全米公開延期を決定した。年内にも検討しているという新たな公開日については、後日改めて発表されるようだ。『ムーラン』は今月27日に公開予定となっていた一方、『ニュー・ミュータンツ』は4月3日、『Antlers』は4月17日にそれぞれ封切られるはずだった。その一方で、12日(木)には『ムーラン』のUKプレミアが行われており、イベントの規模こそ縮小されていたものの、主役のリウ・イーフェイやジェット・リーも姿を見せていた。新作映画の公開延期は次々と発表されており、5月8日の日本公開が予定されていた『クワイエット・プレイス PARTⅡ』や『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も先日延期を告知している。

2017年12月 4日 (月)

中国人女優リウ・イーフェイ、『ムーラン』実写版の主演に大抜擢

リウ・イーフェイ中国人女優リウ・イーフェイ(30)が『ムーラン』実写版の主演に決まった。約1年に渡って世界中でムーラン役に相応しい女優が探されていたが、ニキ・カーロがメガホンを取る同作で今回リウが主役に抜擢されたようだ。キャスティングチームは5大陸を訪れ、マーシャルアーツのスキルを持ち英語が流暢に話せる女優を1000人近くの候補者の中から探したという。リウは中国でテレビドラマに出演してブレイクし、中国で最も人気のある女優の1人となっており、幼少期にはニューヨークに住んでいたこともあって英語も堪能で、2008年公開の『ドラゴン・キングダム』ではジャッキー・チェンとジェット・リーとの共演歴も持つ。1998年に公開された中国の伝説を基にしたオリジナルのアニメ『ムーラン』は、女性が戦いに参加することが禁じられている中、ムーランが老いた父に代わって男装して戦闘に参加するストーリーが描かれた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ