リン=マニュエル・ミランダ(Lin-Manuel Miranda)

2018年7月25日 (水)

リン=マニュエル・ミランダ、映画版『チック・チック...ブーン!』で監督デビュー

リン=マニュエル・ミランダリン=マニュエル・ミランダが、映画版『チック・チック...ブーン!』で監督デビューを果たすようだ。ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』の製作に携わったことで有名なリンだが、今度はジョナサン・ラーソンによる自伝的ミュージカル『チック・チック...ブーン!』の映画化作品で初監督を飾ることになるという。ラーソンによる『レント』で初めてミュージカルの魅力を知ったと話すリンは、今回監督に起用されたことを名誉に感じているようだ。原作は1990年のニューヨークを舞台に、劇伴作曲家を夢見ながら『スーパービア』を書き下ろし、ブロードウェイミュージカルとしてついには大ヒットを飛ばすことになるジョンの物語だ。恋人や友人から見放されるという重圧の中、ジョンは自分の夢は果たしてコストに見合っているのかと迷いつつ、その不安を克服する。映画版では、リンが製作も兼任するほか、イマジン・エンターテイメントのブライアン・グレイザー会長やロン・ハワードらも製作陣に名を連ね、スティーヴン・レヴェンソンが脚本を執筆する。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ