ローレン・ミラー(Lauren Miller)

2014年2月18日 (火)

セス・ローゲン、アルツハイマー病への関心を高める学生向けプログラム開設

セス・ローゲン、ローレン・ミラーセス・ローゲンは、アルツハイマー病についての知識を若者に与えたいのだという。妻ローレン・ミラーと共に、笑いの力を使って退化性疾患への関心を高めることを目的としたヒラリティー・フォー・チャリティ(HFC)を運営するセスは、HFCUという名のカレッジ・プログラムを立ち上げ、それぞれの学生がHFCへの寄付金と病気への関心を高めるためのイベントを開催するように促している。セスは「アルツハイマー病はひどいよ。それが現実だけど、現実に目を背けてはいけないんだ。僕らの団体は、この病気について若者たちとコミュニケーションを取り、患者が必要とする道具や支援を提供しようとしているんだ」と説明している。自身の母がアルツハイマー病患者であるローレンは、学生たちが生み出すアイデアを楽しみにしているようだ。今後4月11日までに最も寄付金を募った大学には、ザック・エフロンとローズ・バーン共演となるセスの最新コメディ作『ネイバーズ』の特別上映会とQ&Aセッションの機会がプレゼントされる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ