ローレン・バコール(Lauren Bacall)

2014年8月14日 (木)

ローレン・バコール、89歳で死去

ローレン・バコール女優のローレン・バコールが89歳で亡くなった。ローレンは8月12日、ニューヨークにある自宅で脳卒中により死去したと伝えられている。ハリウッドの黄金時代を象徴する女優の一人であるローレンは、『億万長者と結婚する方法』『バラの肌着』『キー・ラーゴ』『マンハッタン・ラプソディ』など数々の映画に出演した。1945年には『キー・ラーゴ』で共演した故ハンフリー・ボガートと結婚し、1957年にハンフリーが亡くなるまでに2人の子どもをもうけている。その後ローレンは、フランク・シナトラとの交際を経て、1961年にジェイソン・ロバーズと結婚し息子を授かるも1969年に離婚。2009年にはアカデミー名誉賞を受賞したローレンは最近「ファミリー・ガイ」の1話に出演を果たしており、新作映画『Trouble Is My Business』に出演する予定もあったと言われている。

2009年11月20日 (金)

ローレン・バコールが、アカデミー賞名誉賞を受賞!

伝説の女優ローレン・バコールが、アカデミー賞名誉賞を受賞したことが明らかになった。フィルム・ノワールの全盛期に最も活躍した女優の1人として、これまでに30作品以上に出演したことなどへの功績を称えられての受賞。しかし、『マンハッタン・ラプソディ』で同賞助演女優賞にノミネートされたものの受賞は逃しており、今回初めてオスカーを受賞したことになる。なお、これまでは功労賞の授賞式は、他の賞の授賞式と同時に行われていたが、今回初めて11月14日に授賞式が開催された。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ