クリスティン・デイヴィス(Kristin Davis)

2012年5月28日 (月)

クリスティン・デイヴィス、人気脚本家と交際中?

クリスティン・デイヴィスクリスティン・デイヴィスが、アカデミー賞受賞経験のある人気脚本家と交際しているようだ。クリスティンは、『ソーシャル・ネットワーク』でオスカーを獲得した脚本家のアーロン・ソーキンにぞっこんのようで、ここ6週間に渡り交際をしており、2人の関係が真剣なものに発展するかもしれないという。過去にアルコール依存症を克服した経験があるという共通項が、2人の絆を深めているとか。そんなアーロンは以前、ジュリア・ビンガムと結婚しており、2人には12歳の娘ロクシーちゃんがいる。一方のクリスティンは未婚なものの、昨年ジェマ・ローズちゃんを養子に迎え、シングルマザーとして育てている。

2011年10月11日 (火)

クリスティン・デイヴィス、養子を迎える

クリスティン・デイヴィスクリスティン・デイヴィスが養女を迎えた。数ヶ月前にジェマ・ローズと名付けられたこの女児を迎えたクリスティンは、母親でいられることをありがたく感じているそう。以前から実子であれ養子であれ子供を持ちたいという願望を明かしており、現在の心境について「ずっと長い間子供が欲しいと思っていたの。その夢が実現して、想像していた以上に満足しているわ。とってもありがたく感じている」とコメントしている。現在46歳で独身のクリスティンだが、今後、素敵な男性と出会えれば結婚する可能性もあるそう。欲しいものを手に入れるのに年齢は関係ないと語っており、出産もあり得ることをうかがわせた。

2011年4月13日 (水)

クリスティン・デイヴィス、エリザベス・テイラーからの手紙に感動

クリスティン・デイヴィスクリスティン・デイヴィスが、先月79歳で死去したエリザベス・テイラーから手書きのカードを受け取った際のエピソードを語った。「セックス・アンド・ザ・シティ」の制作時、脚本家のマイケル・パトリック・キングがエリザベスを訪れてストーリーについて相談した際、「セックス・アンド・ザ・シティ」出演者全員にカードを送ってくれたという。第6シーズンに登場した、クリスティン演じるシャーロットが飼っている犬の名前はエリザベスにちなんでエリザベス・テイラー・ゴールデンブラットと名づけられている。また、シャーロットが流産で落ち込んでいたとき、ドキュメンタリー番組でのエリザベスの言葉に元気付けられるというエピソードにしたいと打診したところ、喜んで引き受けてくれて、贈り物までくれたのだとか。小さい頃から見ていた大女優の優しさにとても感動したそうだ。

2009年5月26日 (火)

クリスティン・デイヴィスが、結婚しない宣言

『セックス・アンド・ザ・シティ』のクリスティン・デイヴィスが、結婚しない宣言をしていることが明らかになった。同作でクリスティンが演じているシャーロットは、登場人物4人の中でも一番子供を欲しがっており、幸せな結婚をしているお嬢様という役柄。しかし、この生活があまりに幸せすぎ、さらにこれまでにも映画の中で何回も結婚しているうちに満足してしまったようで、本人には結婚願望も出産願望もないそうだ。一方で、共演者のサラ・ジェシカ・パーカーに、代理母の2人の子供が増えることや、シンシア・ニクソンが婚約するなど、周辺は騒がしいようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ