キム・ベイシンガー(Kim Basinger)

2014年12月24日 (水)

キム・ベイシンガー、担当ヘアスタイリストと交際中!

キム・ベイシンガーキム・ベイシンガー(61)が、長年の担当ヘアスタイリストと交際中のようだ。2002年にアレック・ボールドウィンと破局したキムは、その見事な金髪を長年ケアしてくれていると共に元夫アレックの髪型も長年担当していたというミッチ・ストーンと恋に落ちたようだ。幸せ一杯だと言われている2人は最近、ハワイでキスしている姿も目撃されていた。12歳でジュニアオリンピックの水泳選手になったという過去を持つミッチは、グウィネス・パルトロウやエル・マクファーソン、ジェニファー・ロペスなど様々な著名人を手がけてきた人気ヘアスタイリストのようだ。アレックとの間に19歳の娘アイルランドを持つキムは、長年目立つ行動を避けてきていたものの、先日には年齢を重ねるごとにより勇敢になってきたと明かしていた。

2013年12月26日 (木)

キム・ベイシンガー、スーパーモデルになりたい娘の夢を全力でサポート!

キム・ベイシンガーキム・ベイシンガーは、娘が自分と同じ道を歩むとは思ってもみなかったようだ。キムはこれまでずっと、元夫アレック・ボールドウィンとの間にもうけた娘のアイルランド・ボールドウィンに普通の子供時代を送らせてあげようと守ってきた経緯もあり、そのアイルランドがモデルエージェンシーのIMGモデルズやプロのマネージメント会社と今年に入って契約を結んだことに驚きを隠せなかったと明かした。ただ、キムはスーパーモデルになりたいというアイルランドの夢をサポートするとか。今年4本目の新作を撮影中というキムはさらに、薬に頼らずに不安を克服する術を知ったことで、再び自らの女優業を本格化させる決断をしたという。そんなキムがロバート・デ・ニーロと共演した最新作『Grudge Match』は12月25日から全米公開となっている。

2013年6月21日 (金)

キム・ベイシンガー、東欧の児童売春の実態を描く新作『Petit』に出演決定

キム・ベイシンガーキム・ベイシンガーが、新作『Petit』に出演することになった。デンマークのアナス・モーゲンターラー監督にとって初の英語作品で、キムは成功したキャリアウーマンのマリア役を演じる。マリアは自分が子供を生めない体だと知り、養子縁組によって子供を持とうと決心する。しかし養子を迎える過程で、マリアは東ヨーロッパに潜む違法な児童売春の実態を知り、その世界に足を踏み入れることになる、といったストーリー展開で、ドイツのハンブルクにてすでに撮影が開始されている。リーアム・ニーソンとの共演作『Third Person』の撮影を終えたばかりのキムは、今後もシルベスター・スタローンとロバート・デ・ニーロの2大スターがダブル主演を果たす『Grudge Match』に加えて、『One Square Mile』など新作が続々と控えている。

2012年11月 6日 (火)

キム・ベイシンガー、『Grudge Match』でロバート・デ・ニーロ、シルベスター・スタローンらと共演へ

キム・ベイシンガーキム・ベイシンガーが、ロバート・デ・ニーロとシルベスター・スタローン共演のボクシング映画『Grudge Match』に出演することが決定した。ピーター・シーガル監督が手掛ける本作は、引退した伝説のボクサー同士が再度リングに上がって雌雄を決するという作品。さらに、ケヴィン・ハートが主役の2人をリングに引きずり出してあぶく銭を稼ごうとするボクシングのプロモーター役で出演予定で、ティム・ケルハーが執筆した初稿をダグ・エリンが改稿し、監督のピーターは来年にもクランクインを予定しているという。そんなキムは現在、ポール・ハギス監督最新作『Third Person』を撮影中だ。

2009年4月27日 (月)

ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーが、23年ぶりに再会!

ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーが、新作『The Informers』のプレミア試写会で、23年ぶりの再会を果たしたことが明らかになった。2人は23年前、赤裸々な性描写で一世を風靡した『ナイン・ハーフ』で共演したが、その後長い間ロークが映画界から離れていたこともあって、2人が再会するチャンスはなかったそうだ。新作で共演といっても、絡みのシーンがなかったために撮影中は顔をあわせることがなく、プレミアで感動の再会を遂げた。

Photo:Daily Celeb/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ