ケヴィン・スミス(Kevin Smith)

2019年2月27日 (水)

ケヴィン・スミス監督、心臓発作から1年を経て新作の製作を再開

ケヴィン・スミスケヴィン・スミス監督(48)が危うく命を失いかけた心臓発作から1年を迎え、リブート版『ジェイ&サイレント・ボブ』の製作を再開した。1995年作『クラークス』で一躍有名になり、自身の複数作品において自らもほぼ言葉を発しないサイレント・ボブ役を演じているスミスが、ジェイとのおとぼけコンビを描いた新作を製作中であることをインスタグラムで発表した。ジェイ役のジェイソン・ミューズとブロディ・ブルース役のジェイソン・リーと前日に3人で集まって本読みをしていたと報告したスミスは、初めて一緒にリハーサルをやってからすでに24年が経過してはいるものの、冗談や抑揚を追加しながら笑い合ってやっている様子は当時から一切変わりがないと、その絶妙なリズムが健在であることをアピールした。

2010年2月25日 (木)

ケヴィン・スミス監督が、太りすぎを理由に飛行機の搭乗を断られる!

ケヴィン・スミス監督が、太りすぎを理由に、サウスウエスト航空から搭乗を拒否されるという屈辱を味わっていたことが明らかになった。アメリカでは数年前から、太りすぎた搭乗者の横に座った乗客を配慮し、場合によっては2席分の費用を請求するケースが出てきたが、その見極めは微妙。しかし今回スミス監督は、オークランドからロスに飛ぶ飛行機で、“通常のシートに体がフィットしない”と判断され、パイロットが搭乗を拒否した。スミス監督は、「そこまで太ってない!」とツイッターで激怒のコメントを寄せ、航空会社が謝罪。無事、目的地に着いたそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ