ケネス・ロナーガン(Kenneth Lonergan)

2014年9月 9日 (火)

マット・デイモン、新作映画でケネス・ローナガン監督と再タッグ

マット・デイモンマット・デイモンが新作映画『Manchester-by-the-Sea』に出演するようだ。マットはこの新作で、2011年の出演作『マーガレット』を手掛けた脚本家兼監督のケネス・ローナガンと再タッグを組むことになる。マットが演じることになるのは、兄弟を悲劇的に失った後に故郷へと戻るボストン出身の配管工という設定の主役で、戻った先の故郷で他界した兄弟の16歳の息子の面倒を見ることになるが、過去に起こった秘密の事故以来、その甥の面倒を見る能力に疑問を感じているという役どころだという。9月8日にもプリプロダクションが始まる予定となっており、今月中にも撮影が開始されることになる。そんなマットは、火星から抜け出せなくなったアメリカ人の宇宙探検家が手持ちの食糧などが尽きる前になんとか地球へ帰還する方法を見つけ出そうとする姿を描いた『アポロ13』と『キャスト・アウェイ』を織り交ぜたような作品と言われるアンディ・ウィアー著の電子書籍『火星の人』の映画化作にも出演することになっている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ