ケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)

2016年8月 5日 (金)

アンジェリーナ・ジョリー、『オリエント急行殺人事件』映画版出演を断念

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーが、『オリエント急行殺人事件』映画版への出演を断念したようだ。20世紀フォックス製作でケネス・ブラナーがメガホンをとる、1934年発表のアガサ・クリスティ著書「オリエント急行殺人事件」映画版への出演交渉を行っていたアンジェリーナだが、出演を断ることに決めたようで、現在はシャーリーズ・セロンらに白羽の矢が立っているという。ブラナーが監督だけでなく主人公のエルキュール・ポアロも演じる同作は、探偵のポアロが列車の中で起きた殺人事件の犯人を数多くの容疑者の中から探し出すストーリー。以前に報じられていたところによれば、今回の新作は1974年のシドニー・ルメット監督による同名映画作のリメイク版になるようだ。

2016年6月15日 (水)

アンジェリーナ・ジョリー、映画版『オリエント急行の殺人』出演へ

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーが、アガサ・クリスティのベストセラー小説「オリエント急行の殺人」の映画化作に出演するようだ。アンジェリーナは現在、ケネス・ブラナーが監督と主役の探偵エルキュール・ポアロを演じる同作に向け、20世紀フォックス社と出演交渉を始めたところだと言われている。アンジェリーナが打診されている役どころについては明らかになっていない。1934年に発表されたこの推理小説では、オリエント急行で起きた殺人事件をベルギー人の名探偵ポアロが解決しようとする姿が描かれる。1974年にはシドニー・ルメット監督のもと『オリエント急行殺人事件』として映画化され、アルバート・フィニーが主役のポアロを演じる中、イングリッド・バーグマンがアカデミー賞助演女優賞に輝くなど、高い評価を得た。さらに2001年にはテレビドラマ化もされており、そこではアルフレッド・モリーナが主演している。

2015年6月18日 (木)

ケネス・ブラナー、映画版『オリエント急行の殺人』監督へ

ケネス・ブラナーケネス・ブラナーが、アガサ・クリスティの小説「オリエント急行の殺人」映画化作で監督を務める方向だと報じられている。ディズニーの実写版『シンデレラ』のメガホンを取ったことも記憶に新しいブラナーが、20世紀フォックス社とこの新作に向けて交渉を行っているところだという。1934年のヒット小説を原作とした本作は現在、『ブレードランナー』最新作を手がけたマイケル・グリーンによって脚本が執筆されているところだ。数々のシェイクスピア作品映画化により知名度を上げたブラナーだが、最近ではマーベルの『マイティ・ソー』や『エージェント:ライアン』など異なるジャンルにも進出してきている。

2012年7月23日 (月)

ケネス・ブラナー、「ジャック・ライアン」シリーズのリブート作品で監督と悪役を兼任!?

ケネス・ブラナー「ジャック・ライアン」シリーズのリブート作品でメガホンを取るケネス・ブラナーが、同作で悪役を演じる可能性が出てきた。トム・クランシー原作の人気シリーズのリブート作品で、ケネスが監督を務めることが今年3月にも報じられていたが、さらに悪役としてオファーされているという。もし出演が決定すれば、アメリカ経済の崩壊を引き起こすために米ドルの平価切下げ計画を虎視眈々と狙うロシア政府の財政高官ヴィクトル・スタゾフを演じることになる。この作品で主役に抜擢されたクリス・パイン演じるジャック・ライアンは、元海兵隊員で、現在はモスクワで金融アナリストとして成功しているという設定だ。クリスはすでに『スター・トレック2』の撮影を終えており、本作の製作を担当するパラマウント・ピクチャーズは近日中にクランクインを開始させる予定。

2011年12月 8日 (木)

ケネス・ブラナー、英国インディペンデント映画賞でバラエティ賞を獲得

ケネス・ブラナーケネス・ブラナーが、12月4日、英国インディペンデント映画賞にて主要部門を獲得した。ロンドンのオールド・ビリングスゲートで開催された同授賞式で、映画を通して国際的な注目をイギリスにもたらしたとしてバラエティ賞を授与されたケネスは、興奮しているとスピーチを行なった。また同授賞式では、レイフ・ファインズがイギリス映画に優れた貢献をした俳優に贈られるリチャード・ハリス賞を獲得し、大ヒットスパイ映画『Tinker, Tailor, Soldier, Spy』を破り、映画『Tyrannosaur』が3部門を獲得した。同作は、暴力と怒りによって自滅し、悩み苦しむある男の姿を描いたヒューマン・ドラマで、作品賞、初監督を務めたパディ・コンシダインへの監督賞、オリヴィア・コールマンへの最優秀女優賞の3つを授与された。他にも、マイケル・ファスベンダーがスティーヴ・マックイーン監督作『Shame』で最優秀男優賞を受賞した。

2010年9月15日 (水)

ナタリー・ポートマンが、アメコミ映画『Thor』に出演したわけ

ナタリー・ポートマンが、マーベルコミック「Thor」の映画版に出演することを決めたのは、メガホンを取るのがケネス・ブラナー監督だったからだそうだ。「スター・ウォーズ」シリーズでアミダラ姫を演じたポートマンは、これをきっかけに、2度とブロックバスター映画に出演しないと決めていたそう。しかし、ハムレットの作品などを多く手がけてきたケネスとであれば、アメコミ映画の粋を超える仕事ができると感じたため、オファーを受け、実際に出演してよかったと感じているそうだ。なお、同作は2011年5月全米公開予定。

2009年3月27日 (金)

マーベル社の『The Avengers』、『Thor』が、公開延期へ

マーベル・コミックの映画版で、同エンターテインメント社が企画している『The Avengers』が2012年に、ケネス・ブラナーがメガホンを取る『Thor』の公開が、2010年から2011年に延期されることが明らかになった。公開延期の理由は明らかになっていないが、これで2011年は、同社のスーパー・ヒーローもの『アイアンマン2』『The First Avenger: Captain America』『スパイダーマン4』そして『Thor』の4本が公開されることになり、激戦が予想される。

2009年1月 6日 (火)

ケネス・ブラナーが、アメコミ映画『Thor』でメガホン

ケネス・ブラナーが、ダニエル・クレイグが主役を断ったと言われているマーベル・コミックの映画版『Thor』でメガホンを取ることが明らかになった。ケネスと言えば昨年はマイケル・ケインとジュード・ロウ主演の『スルース』の監督を務めているが、CGや特撮満載のハリウッド映画に挑戦するのは初めて。ケネス自身も新たな挑戦を楽しみにしており、まだ製作もされていないのにも関わらず、2010年の公開が待ち遠しいようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ