ケン・ラッセル(Ken Russell)

2011年12月 1日 (木)

ケン・ラッセル監督、死去

ケン・ラッセルイギリス人映画監督のケン・ラッセルが、84歳で亡くなった。11月27日の未明、ラッセル監督は脳卒中の発作により入院していた病院で、就寝中に息を引き取ったと、息子のアレックス・ヴァーニー=エリオットが発表した。アカデミー賞4部門にノミネートされた『恋する女たち』や、宗教色の強い『肉体の悪魔』、『恋人たちの曲/悲愴』、そしてザ・フーが発表したロックオペラ「トミー」を映像化するなど、監督は数々の物議を醸す作品で名をはせた。近年は、テレビ映画やドキュメンタリー、短編の仕事が増えていたラッセル監督は、2007年に英リアリティ番組「Celebrity Big Brother」に一時的に出演していたが、共演者と口論になったことから、数週間も経たない内に降板してしまった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ