ケリー・ラザフォード(Kelly Rutherford)

2015年8月13日 (木)

ケリー・ラザフォード、親権争いがさらに泥沼化!

ケリー・ラザフォードケリー・ラザフォードが、裁判所から子供たちを法廷に連れてくるよう命じられたようだ。「ゴシップガール」でおなじみのケリーはモナコに住む元夫ダニエル・ギエルシュと2人の子供の親権を巡って熾烈な法廷争いを繰り広げているが、ついには子供たちまで出廷することになったようで、8月11日、マンハッタン最高裁判所に出廷する際には子供たちを同伴するように裁判所から命じられたという。ケリーは法廷での親権争いが混乱の一途を辿っているとして、現在自身の元を訪れていた子供たちを裁判所の命令に背いてモナコに帰さない決断を下していた。これに対し、ダニエル側はケリーのその行為が「子供の誘拐と強奪」だと非難している。

2015年7月30日 (木)

ケリー・ラザフォード、ニューヨークでも親権裁判が却下

ケリー・ラザフォード「ゴシップガール」で知られるケリー・ラザフォードが、先日のカリフォルニアに続き、ニューヨークでも親権裁判を行うことを拒まれた。元夫ダニエル・ギエルシュを相手に2012年からエルメス君とヘレナちゃんを巡って親権争いを繰り広げているケリーだが、ニューヨークの裁判官は同市がこの件に関して司法権を持ち合わせていないと判断したため、別の場所で裁判を行わなければならなくなった。つい先日にはロサンゼルスの裁判官からもカリフォルニア州で公聴会は開けないという決断を言い渡されていたばかりのケリーは、父親がビザをはく奪されたために裁判所によって子供たちが父親とモナコで暮らすように送り込まれただけにも関わらず、アメリカ生まれのアメリカ国民である自身の子供たちに両地で司法権がないという判断が信じられないと心境を明かしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ