ケイシー・レモンズ(Kasi Lemmons)

2021年9月 6日 (月)

ホイットニー・ヒューストン伝記映画、『ハリエット』ケイシー・レモンズが監督へ

ケイシー・レモンズケイシー・レモンズが、降板したステラ・メギーに代わり、ホイットニー・ヒューストンの伝記映画『I Wanna Dance With Somebody』の監督に就任した。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のジャナ役などで知られるナオミ・アッキーがホイットニー役を演じる同作では、メギーが創造性の違いを理由に監督を降板していた。『ハリエット』などで知られるレモンズ監督は、まだ脚本家として駆け出しのころ、ホイットニーのために2作品を手掛け、本人に会う機会があったそうで、とてつもなく素晴らしい、比類なきアーティストであるホイットニーの畏敬の念を起こさせると同時に悲劇的な人生と音楽を観客にもたらす一端を担えることは特権だと感じていると語っている。『ボヘミアン・ラプソディ』のアンソニー・マクカーテンが脚本、ホイットニーの長年の相談者だったクライヴ・デイヴィスが製作を担う。『オールウェイズ・ラヴ・ユー』『恋は手さぐり』など数々のヒット曲や1992年公開の主演映画『ボディーガード』を残し、2012年にコカイン過剰摂取で48歳の若さで他界したホイットニーの人生とキャリアを描いた同作は、2022年11月に全米公開予定だ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ