ジャスティン・ロング(Justin Long)

2015年10月 2日 (金)

アマンダ・セイフライドとジャスティン・ロング、破局!

ジャスティン・ロング、アマンダ・セイフライドアマンダ・セイフライドとジャスティン・ロングが、2年間の交際に終止符を打ったようだ。ニューヨークで同棲していた2人は数週間前に破局したと言われており、ジャスティンはかなり傷心の身だという。スケジュールも生活も全く違った2人は自然に心が離れていってしまったと言われているが、つい先日にはアマンダが2人の間にわずかながらも結婚の話が出ていることを認めていたばかりだった。また、アマンダは自分は子供を作る段階までは来ていないものの、子供を持つということに対する前向きな価値観も語っていた。ジャスティンは過去にドリュー・バリモアと交際していた経歴があり、アマンダはドミニク・クーパーとオンオフを繰り返す交際をしていた。

2013年8月 5日 (月)

アマンダ・セイフライド、ジャスティン・ロングと急接近!

アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライドが、ジャスティン・ロングと急接近しているようだ。7月30日にニューヨークで開催された、アマンダが伝説のポルノ女優に扮した新作『Lovelace』のプレミア試写会で、アマンダとジャスティンはかなり密着していたようだ。さらにその後に開かれたアフターパーティーでは、大勢のセレブが参加していた中、2人は他のゲスト達を避けるようにバーのラウンジで2人っきりの時間を過ごしていたという。そんなイチャイチャぶりを見せつけている2人だが、一方でアマンダの友人は現時点でジャスティンとはただの友人関係に過ぎないと主張している。『Lovelace』のプレミア会場には、ピーター・サースガード、シャロン・ストーン、クリス・ノース、ハンク・アザリアなどの共演者だけでなく、ザカリー・クイント、ザック・ポーゼンなども駆けつけていた。

2012年7月 5日 (木)

ジャスティン・ロング、キングの短編小説「十時の人々」の映画化作品出演か?

ジャスティン・ロングジャスティン・ロングが、スティーヴン・キングの短編小説「十時の人々」の映画化作品に出演交渉中だ。オリジナル版『フライトナイト』などでお馴染みのトム・ホランド監督によって同作の映画化が進んでおり、製作陣は、主演依頼のためジャスティンに接触しているという。同短編小説は、禁煙しようとしてもなかなかやめられない主人公のブランドン・ピアソンが、脳内の化学物質のバランスが崩れたため奇妙な副作用を体験するという物語だ。すでにキングの「痩せゆく男」「ランゴリアーズ」を映画化しているトムは、本作をニューヨークで9月にクランクインさせる予定だ。

2012年3月 7日 (水)

ジャスティン・ロング、ブロードウェイの舞台に挑戦

ジャスティン・ロングジャスティン・ロングが、ヒットコメディ「Seminar」でブロードウェイデビューするようだ。「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ役でもおなじみのアラン・リックマンが主役を務める同作は、4月13日からジャスティンやジェフ・ゴールドブラムら新キャストを迎えて一新する予定となっている。ジャスティンが演じることになるのは、主人公レオナルドの個人執筆講習を受ける作家志望4人のうちの1人、マーティン役と見られている。有能ながらも無謀で型破りな講師レオナルドが、出来の悪い生徒たちに厳しい言葉を投げかける様子が描かれる同作は、NBC局のヒットミュージカルドラマ「Smash」を手掛けたテレサ・レベックが脚本を執筆した。ジェフがアランから主役を引き継ぐものと見られているが、ジャスティンと共に加わる予定のほかの3人の俳優については、現在のところ明らかになっていない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ