ジャド・アパトー(Judd Apatow)

2013年12月 2日 (月)

ジャド・アパトー、『Train Wreck』を監督へ

ジャド・アパトー

ジャド・アパトーが、最新作『Train Wreck』を監督することになった。『40歳の童貞男』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』『素敵な人生の終り方』などのコメディー映画でメガホンを取り、米HBO局の人気ドラマ「The Girls」のプロデュースも手掛けるなど現在ハリウッドで乗りに乗っているジャドだが、以前から監督候補に挙がっていた『Train Wreck』のメガホンをとることがようやく決定したようだ。本作では脚本を執筆したエイミー・シューマー本人が、人生を立て直そうとする、ひどく神経質な女性キャラクターを演じることになる。主人公はそれまでの人生の中で、良き恋人や会社の同僚、親友を持てなかったこと、そして両親との関係も上手く築けなかったことを自覚し、なんとか人生の立て直しに奔走するという内容だ。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ