ジョナ・リース(Jonah Lees)

2021年12月 5日 (日)

ビートルズのマネージャーを描いた新作『Midas Man』、キャスティングが明らかに

ジョナ・リース『Midas Man』でビートルズを演じるキャスト陣が明らかになった。「5人目」のビートルズと言われたマネージャーの故ブライアン・エプスタインを描いた同作では、『王への手紙』のジョナ・リースがジョン・レノン、英ポップグループ、ニュー・ホープ・クラブのブレイク・リチャードソンがポール・マッカートニーをそれぞれ演じるほか、レオ・ハーヴェイ・エレッジがジョージ・ハリソン役、キャンベル・ウォラスがリンゴ・スター役に決定した。またビートルズが有名になる直前にバンドから解雇されたピート・ベスト役をアダム・ローレンス、ジェイ・レノがトーク番組の司会者エド・サリヴァン役を演じる。 先月リバプールで撮影開始した同作は、『ロード・オブ・カオス』などで知られる監督のジョナス・アカーランドが降板したことを受け、製作が3週間中断していたが、後任が『私は夢見るドラマ・クイーン』のサラ・シュガーマンに決まり再開、来年はアメリカにロケ地を移動するという。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ