ジョナ・ヒル(Jonah Hill)

2012年6月19日 (火)

ジョナ・ヒル、『ジャンゴ 繋がれざる者』に出演へ

ジョナ・ヒルジョナ・ヒルが、『ジャンゴ 繋がれざる者』の出演契約を結んだようだ。クエンティン・タランティーノがメガホンを取り、ジェイミー・フォックスが主人公ジャンゴを演じる同作は、すでに撮影が進んでおり、先日予告編も公開されたばかりだが、今回ジョナが、役柄は公表されていないものの同作に出演することが決まった。ジョナは当初、ギャンブラーのスコティ・ハーモニー役を打診されていたものの、その役を獲得できないでいた経緯がある。そんなジョナは、マーティン・スコセッシ監督最新作『The Wolf Of Wall Street』でもディカプリオと共演する予定で、さらに8月29日全米公開予定のコメディー作『The Watch』や、セス・ローゲンとジェイ・バルチェルの新作『The End Of The World』でのカメオ出演などが控えている。『ジャンゴ 繋がれざる者』は2013年3月1日に日本公開予定だ。

2012年3月22日 (木)

J・ヒルとC・テイタム主演、映画版『21ジャンプ・ストリート』続編にゴーサイン

チャニング・テイタムジョニー・デップの出世作である米テレビドラマ「21ジャンプ・ストリート」を映画化した『21 JUMP STREET』の続編製作にゴーサインが出たようだ。ジョナ・ヒルとチャニング・テイタムが主演するこのアクション・コメディは、公開日だけでも1200万ドル、週末3日間で3500万ドル以上を叩き出した。それを受けて、ソニー・ピクチャーズは続編製作に意欲的になっているそう。出演者についての情報は明かされていないが、ジョナとチャニングは同じ役で出演するようだ。監督を務めたフィル・ロードとクリス・ミラーは、現在レゴを題材にした映画や別のプロジェクトに取り組んでいるため、続編でもメガホンを取るかどうか未定だ。今後のジョナ・ヒルの待機作は『虹を掴む男』のリメイク版『Neighborhood Watch』、チャニングはスティーヴン・ソダーバーグ作品『Magic Mike』。

2012年3月 1日 (木)

ジョナ・ヒルとジェームズ・フランコが新作映画で共演へ

ジョナ・ヒルジョナ・ヒルとジェームズ・フランコが、ジャーナリストのマイケル・フィンケルの自叙伝を映画化する『True Story』でタッグを組むようだ。『マネーボール』の演技が評価され、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたジョナがフィンケルを演じる。フィンケルは、殺人の容疑で逮捕されたクリスチャン・ロンゴが、逃亡先のメキシコでフィンケルの身分を語っていたことを知る。かつて捏造記事を書いたことからニューヨーク・タイムズを解雇されたフィンケルは、事情を聞くためロンゴに接触。これがフィンケルにとって大きな転機となる『マネーボール』の共演者ブラッド・ピットが、自身の製作会社プランBを通じてプロデュースをする方向で、ルパート・グールドが監督を務めるようだ。

2012年1月 6日 (金)

ジョナ・ヒル、ダスティン・ホフマン娘と交際中

ジョナ・ヒル『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『マネーボール』でおなじみのジョナ・ヒルが、ダスティン・ホフマンの娘と交際しているという。ロサンゼルスで共に育った幼なじみのジョナとアリ・ホフマンが、このたび交際を始めるに至ったと報じられている。もともと、アリの兄ジェイクと仲が良かった高校生のジョナを発掘し、自身の出演作である『ハッカビーズ』で映画デビューさせたのはダスティンであった。ホフマン一家と良好な関係を築いているジョナは、クリスマスのホリデー期間もアリの家族と共にハワイで過ごしたと言われている。そんなジョナは、故郷ロサンゼルスを離れ、現在は両親の出身地であるニューヨーク内にアパートを探しているそうだ。

2011年10月13日 (木)

ジョナ・ヒル、恋人と破局

ジョナ・ヒル11月11日に日本での公開を控えているブラッド・ピット主演作『マネーボール』に出演しているジョナ・ヒルが、恋人と破局したと報じられている。多くの友人たちは。2008年から交際していたジョナと恋人ジョーダン・クラインがこのまま結婚すると思っていたそうで、今回のニュースはかなり驚きだったようだ。そんなジョナは、5月に行なわれたフォックス局のイベントに自身が制作を手がけるアニメ「アレン・グレゴリー」のプロモーションで出席した際、女性スタッフが話をやめるよう注意したのにも関わらず、友人のズーイー・デシャネルとお喋りをし続けたため、マシュー・モリソンから静かにするように注意されたそう。会場全体から笑いものにされたことを不快に感じたジョナは、嫌がらせを受けたとしてマシューを非難していた。

2011年8月29日 (月)

ジョナ・ヒル、新作『Neighborhood Watch』出演へ

ジョナ・ヒル1947年に製作された『虹を掴む男』のリメイク版『Neighborhood Watch』に、ジョナ・ヒルの出演が決定した。ジョナが演じるのは、ヴィンス・ヴォーンが演じる役の相棒で、暗い一面を持った男だという。監督はアキバ・シェイファーが務め、脚本にはセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグの黄金コンビに加え、ジャレッド・スターンがクレジットされており、どうやらこのスタッフに落ち着いたようで、2012年7月27日に全米公開が予定されている。ジョナは現在、マーク&ジェイ・デュプラス兄弟が脚本と監督を務める『Pitchfork』でマザコンの息子役をオファーされており、ブラッド・ピットが主演し11月11日に日本公開される『マネーボール』にも出演するなど、今後の活躍が大いに期待される。

2011年7月12日 (火)

マーク・ウォールバーグ、新作コメディ映画でジョナ・ヒルと共演

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが、新作『Good Time Gang』で、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』などのコメディ作品で知られるジョナ・ヒルとタッグを組むことになった。PCRピクチャーズが製作するアクション・コメディ映画で、2人はパーティー好きの兵士を演じる。ストーリーは、危険なテロリストを追跡する任務を受けたウォールバーグとヒルが、抹殺するターゲットと自分達のうちの1人が関係していることがわかるという内容。脚本は、ジョン・ランディス監督の息子マックス・ランディスが担当しており、メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが警察官の相棒として活躍した「リーサル・ウェポン」シリーズ風の作品になる様子だ。ウォールバーグはウィル・フェレルと共演した『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などアクション・コメディへの出演が続いている。この作品の撮影開始予定日は明らかになっていない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ