ジョン・マルコヴィッチ(John Malkovich)

2015年4月24日 (金)

ジョン・マルコヴィッチ、原油流出事故を描いた新作映画に出演へ

ジョン・マルコヴィッチジョン・マルコヴィッチが、メキシコ湾の原油流出事故を描いた『Deepwater Horizon』のキャストに加わったようだ。ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された『Deepwater Horizon's Final Hour』という名の記事を基に2010年の原油流出事故が起こるまでの48時間と当日の様子が描かれる同作では、主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、すでにカート・ラッセル、ディラン・オブライエン、ジーナ・ロドリゲスらの出演が決定しており、マルコヴィッチはその中で事件の重大さに気づかなかったBP社の重役を演じることになるという。『バトルシップ』などで知られるピーター・バーグが監督を務めることになっており、11人の死亡者と16人の負傷者を出し、メキシコ湾への原油流出を招いたこの事故についての脚本は『キングダム/見えざる敵』でバーグとタッグを組んだマシュー・マイケル・カーナハンが執筆している。

2011年10月14日 (金)

ジョン・マルコヴィッチ、ミラノにポップアップショップを開店

ジョン・マルコヴィッチジョン・マルコヴィッチがイタリア、ミラノに短期限定のポップアップショップ「OpificioJm」をオープンさせた。場所は有名なショッピング街のゴールデントライアングル地区で、マルコヴィッチが2009年に立ち上げたメンズ・アパレル/小物ブランドTechnobohemianのコレクションに加えて、他のブランドの製品も同店で扱われる。また、家具や超軽量木材の額縁やワインセレクション、そして特製のイタリア食材なども用意されており、12月31日までオープンされるという。同店は、昨年6月にマルコヴィッチがイタリアのプラートにオープンさせたOpificioJmコンセプトストアをモデルとしている。

2011年7月 7日 (木)

ジョン・マルコヴィッチ、新作映画で分離国家における犯罪組織の一員へ

ジョン・マルコヴィッチジョン・マルコヴィッチが、モルドバとウクライナの間に位置する国際的には承認されていない分離国家・沿ドニエストル共和国の犯罪地下組織で育ったニコライ・リリン自らが記した伝記「Siberian Education」の映画化作品に出演する。物語は、かつてスターリンによってドニエストルに追放された犯罪者集団・Urkasのメンバーの忠誠心、政府機関への不信感、そして、一般社会からかけ離れた組織の構造などが描かれる。マルコヴィッチは、孫に犯罪者としての心得を教える祖父役を演じる予定だ。孫役には、リトアニア人俳優アーナス・フェダラヴィシウスが決定している。

2011年6月 8日 (水)

ジョン・マルコヴィッチ、プラハのホテルで窃盗被害

ジョン・マルコヴィッチ7月29日公開の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』にも出演しているジョン・マルコヴィッチが、滞在していたプラハのホテルで窃盗被害にあっていたことがわかった。6月2日に、プラハ・スプリング・ミュージック・フェスティバルでミュージカル「Infernal Comedy」出演したマルコヴィッチは、マンダリン オリエンタル ホテルに宿泊。翌3日の早朝に部屋に何者かが侵入し、個人書類と2台の携帯電話を盗んでいったため、ポーランドへの移動予定をキャンセルせざるを得なくなってしまったという。マンダリン オリエンタルの広報は、客の1人の私物が紛失した件について警察が調査中であることを認めている。

2010年3月31日 (水)

ジョン・マルコビッチとフランシス・マクドーマンドが、『Transformers 3』に出演

ジョン・マルコビッチとフランシス・マクドーマンドが、「トランスフォーマー」シリーズ第3弾となる『Transformers 3』に出演することが明らかになった。マイケル・ベイ監督は、2人とかねてから一緒に仕事がしたいと考えており、その夢が実現したようだ。シャイア・ラブーフ、そして物議をかもし出しているミーガン・フォックスの続投が決まっている同作の撮影は、4月からロスでカメラ・テストを行い、その後シカゴ、ワシントンDC、フロリダ、テキサス、そしてアメリカ国外のアフリカ、メキシコ、中国で展開される予定。

Photo:アフロ

2009年1月 7日 (水)

ジョン・マルコヴィッチが、オーストリアの舞台に挑戦!

ジョン・マルコヴィッチが、オーストリアの舞台“The Infernal Comedy”に立つ準備をしていることが明らかになった。同作でマルコヴィッチが演じるのは、1974年から1992年に渡り、オーストリアとアメリカで何人もの売春婦を殺害し、1994年に刑務所で自殺を図った実在の人物。狂気が似合うマルコヴィッチは、今年はじめにカリフォルニアでも舞台“Seduction and Despai”に立っており、かなりリアルな演技が観られそうだと今から期待されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ