ジョン・ハート(John Hurt)

2015年6月17日 (水)

ジョン・ハート、すい臓がんで闘病中

ジョン・ハート1980年作『エレファント・マン』でおなじみのジョン・ハートが、すい臓がんで闘病生活を送っていることが明らかになった。初期のすい臓がんと最近診断されたことを自ら告白したジョンは、素晴らしい医療チームに囲まれ、回復に向けて前向きに治療に取り組んでいるという。60年にもわたる俳優人生の中で、リドリー・スコット監督作『エイリアン』やサスペンス映画『Vフォー・ヴァンデッタ』、『裏切りのサーカス』などで重要な役を演じてきたジョンは、ドウェイン・ジョンソン主演作『ヘラクレス』やテレビドラマ『ドクター・フー』にも出演したほか、映画「ハリー・ポッター」シリーズではオリバンダー老人役としてもおなじみで、昨年には演劇界への貢献をみとめられ、英エリザベス女王からナイトの称号を与えられている。

2014年5月15日 (木)

ジョン・ハート、『ドンキホーテを殺した男』へ出演か?

ジョン・ハートジョン・ハートが、『ドンキホーテを殺した男』へ出演するようだ。ジョンは、監督のテリー・ギリアムから出演のオファーを受けたことを、ダービー映画祭での質疑応答の席で明かした。ミゲル・デ・セルバンテスの古典小説「ドンキホーテ」を題材に、21世紀に生きるマーケティング担当のトビー・グリソーニが過去に飛ばされてしまうところから始まるこの新作は、1998年から構想が練られていた。ギリアムは既に書き上げていた脚本を基に2005年以来何度か製作に挑戦しているが、様々な問題が生じ撮影中止を余儀なくされている。2008年にはロバート・デュバルの参加が噂され、その後にはスケジュールの問題を理由にユアン・マクレガーに白羽の矢が立ったものの、2010年に資金繰りの問題で再度製作が暗礁に乗り上げていた。ギリアムは、スペインの敏腕プロデューサー、アドリアン・ゲラとタッグを組み、撮影は2015年にスペイン領カナリア諸島で開始されると明かしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ