ジョン・カーペンター(John Howard Carpenter)

2019年4月 2日 (火)

ジョン・カーペンター監督、カンヌ国際映画祭の功労賞を受賞へ

ジョン・カーペンタージョン・カーペンター監督(70)に、2019年度カンヌ国際映画祭でゴールデン・コーチ賞が贈られる。『ハロウィン』や『クリスティーン』、『ザ・フォッグ』などの作品で知られるカーペンターは、5月15日に開催される同映画祭の「監督週間」部門のオープニングで同賞の栄誉に預かることになる。同賞の選出を担うフランス映画監督協会は、カーペンターを「生々しく、空想的でもあり、華々しいほど感情的な創造性」を持った監督だと称え、1980年のジェフ・ブリッジス主演作『スターマン/愛・宇宙はるかに』を1980年代を代表する感動的な作品だと評してもいる。同賞の受賞者には、2010年のアニエス・ヴァルダをはじめ、2013年のジェーン・カンピオン、2015年のジャ・ジャンクー、2017年のヴェルナー・ヘルツォークらが名を連ねており、2009年には河瀬直美監督が日本人としても女性としても初めての受賞者となっていた。

2018年8月21日 (火)

ジョン・カーペンター、「ハロウィン」シリーズに復帰

ジョン・カーペンターホラー映画の巨匠ジョン・カーペンターが監督としての出世作『ハロウィン』の続編となる新作映画で、音楽面で再び参加するそうだ。カーペンターが監督と音楽を担当した1978年の第1作は、ブギーマンこと殺人鬼マイケル・マイヤーズをホラー映画ファンに印象付けたと共に、ジェイミー・リー・カーティスが「スクリームの女王」として名声を得ることとなった。監督のデヴィッド・ゴードン・グリーンとダニー・マクブライドが脚本を共同執筆する新作は、10月19日の公開当日にカーペンターが参加するサウンドトラックもリリースされる予定になっている。このサウンドトラックには、お馴染みの『ハロウィン』のテーマの新バージョンが収められるそうで、カーペンターとその息子コディ、ミュージシャンのダニエル・デイヴィスらによって収録された。また10月16日のロンドンのイベンティム・アポロでの公演を皮切りに、同シリーズのサウンドトラックを題材にしたコンサートがイギリスやヨーロッパで開催される予定だ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ