ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)

2016年4月26日 (火)

ホアキン・フェニックスがキリスト役?

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスが、新作映画『Mary Magdalene』のイエス・キリスト役候補に挙がっているようだ。監督を務めるガース・デイビスがホアキンに出演のラブコールを送っているようだが、スケジュール上での問題がある可能性があり、すぐに契約成立とはいかないようだ。ルーニー・マーラが演じることになる「マグダラのマリア」の名で知られるタイトルロールのメアリー・マグダレンは、従者達によって神の御子とあがめられたキリストに助けられ、キリストの従者となった人物。西方教会ではメアリーはしばしば娼婦として描かれていたものの、新約聖書の福音の中でメアリーが娼婦であるという記載は一つもない。ヘレン・エドマンソンとフィリッパ・ゴスレットのコンビが脚本を執筆した本作は、この聖書に登場するメアリーを実物に近く人間主義的な表現で描くことになるという。

2014年12月10日 (水)

ホアキン・フェニックス、婚約話は冗談だった!

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスの婚約話は嘘だったようだ。12月8日に「ザ・レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」のインタビューコーナーでホアキンは、ジムのクラスでヨガの複雑な動きを見せられた後に彼女こそ運命の相手だと気づき、そのヨガのインストラクターの恋人にプロポーズしたと語っていたが、実はそれがスタジオの観客を自分に惹きつけるためだけの冗談であったという。同番組の後に出演した複数の番組で、それが普段の生活で語ることのない自分が観客を楽しませるために話した冗談であったことを本人が明かしており、ホアキンの広報担当もホアキンに結婚の予定がないことを認めている。

2013年12月23日 (月)

ホアキン・フェニックス、『マン・オブ・スティール』の続編で悪役候補に!?

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスが、『マン・オブ・スティール』の続編で主要な悪役候補に挙がっているようだ。製作元のワーナー・ブラザースは、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを、ベン・アフレックがバットマンを演じる同続編のキャスティングでホアキンに白羽の矢を立てているようだが、まだオファーはしていないという。これまで巨額の予算がつぎ込まれた大作には出演してこなかったホアキンなだけに、正式なオファーがあった場合に引き受けるかどうかは明かされておらず、またガス・ヴァン・サント監督の新作『Sea of Trees』への出演も検討しているところのようだ。そんなホアキンが候補となっている悪役に関しての詳細はベールに包まれているが、スーパーマンの最大の強敵であるレックス・ルーサーである可能性が高そうだ。

2013年10月25日 (金)

ホアキン・フェニックス、ジョン・ベルーシを描く伝記映画で主演候補に

ホアキン・フェニックス

ホアキン・フェニックスとエミール・ハーシュが、ジョン・ベルーシの伝記映画で主演候補に挙がっている。「サタデー・ナイト・ライブ」での華々しいキャリアや『ブルース・ブラザース』のジェイク役で人気を得たものの、薬物依存と闘ったジョンの人生を描くもので、出演に向けてエミールが製作陣と初期の交渉段階にあるようだ。また、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップスから本作の監督の座を引き継いだスティーヴ・コンラッドは、ジョン役としてエミールの他にも、ホアキンやアダム・ディヴァインなどの起用も検討しているという。さらにジョンの友人でコラボレーターでもあったダン・エイクロイド役として、テレビ界で活躍しているネルソン・フランクリンに白羽の矢が立っている。

2012年9月 7日 (金)

ホアキン・フェニックス、スパイク・ジョーンズ監督作『Her』でコンピューターと恋に落ちる主人公に

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスがスパイク・ジョーンズ監督とタッグを組む最新作『Her』の詳細が明らかになった。同作はホアキン扮する主人公が、Herと呼ばれるコンピューターと恋に落ちるというロマンティックSF作品になるという。主演のホアキンの他にルーニー・マーラが、今年4月にスケジュールが重複したため降板したキャリー・マリガンに代わって出演することが決まっており、サマンサ・モートン、オリヴィア・ワイルド、エイミー・アダムスなど豪華女優陣が共演予定だ。『Her』の公式シノプシスによれば、そう遠くない未来を舞台に、ホアキン演じる孤独なライターのセオドアが、ユーザーの全ての要求を満たすという新しいOSソフトを購入し、次第にそのOSとの間で恋愛関係が芽生えるというストーリーになるとか。

2011年6月 3日 (金)

ホアキン・フェニックスら、『Low Life』に参加決定

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスとマリオン・コティヤールが、最新映画『Low Life』に出演することになった。アメリカに移住し売春を強要させられるポーランド人女性を描き、ジェームズ・グレイがメガホンをとる。また、ジェレミー・レナーが、そのポーランド人女性に逃げ出すチャンスを与えるホアキンの従兄弟役のオファーを受けているようだ。出演者全員のスケジュールが詰まっているため、撮影は来年から始まる予定。現在、ホアキンはタイトル未定のポール・トーマス・アンダーソン監督作に取り掛かっており、マリオンは『The Dark Knight Rises』が撮影中のほか、アクション・スリラー『Contagion』が控えている。

2011年2月 3日 (木)

ホアキン・フェニックス、新作映画でヴァンパイア役に?

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスが、新作『Abraham Lincoln: Vampire Hunter』でヴァンパイアを演じることになりそうだ。ベンジャミン・ウォーカーの主演が決定しているティムール・ベクマンベトフ監督作でホアキンが依頼されているのは、助言者のヘンリー・スタージェス。若き日のエイブラハム・リンカーンの命を救った歳を取らない吸血鬼で、エイブラハムの良き師となって吸血鬼の歴史や戦い方を教える。セス・グレアム=スミスの著作を原作としたこの作品は、ティム・バートンが、ジム・レムリー、ベクマンベトフ監督と共に製作を担当する。グレアム=スミスの別の著作で、ジェーン・オースティンの名作をパロディ化した『高慢と偏見とゾンビ』もまた、現在映画化が進行中で、年内に公開される予定。

2009年2月 3日 (火)

ホアキン・フェニックスが、ラッパー・デビュー?

突然俳優を辞めて音楽活動に専念すると宣言したホアキン・フェニックスが、ラッパーとしてデビューしたことが明らかになった。口ひげをボウボウにはやして、ラスベガスの満員御礼のナイトクラブでヒップ・ホップ系の曲を3曲披露したが、観客の反応はかなり冷ややかだったそう。また、観客を盛り上げるためにステージから降りようとした際に転倒して観客の中に落ちてしまったため、おさむいデビューとなってしまったようだ。

2009年1月13日 (火)

ホアキン・フェニックスが、奇行に走る?

役者引退を宣言したホアキン・フェニックスが、突き抜けたというよりは奇行ともいえる変わり果てた姿で目撃されていることが明らかになった。ヒゲと髪をボウボウに伸ばし、夜な夜なクラブに繰り出していると言われているホアキンだが、マイアミでは、ジェイミー・フォックスが歌っているステージに突然上り、ジェイミーに腰を押し付けるように激しく踊りだしたそう。昨年はホアキンにとってはかなり辛い年だったようだが、誰にも本音を話さないため、周囲を心配させているそうだ。

Photo:アフロ

2008年11月10日 (月)

アカデミー俳優、ホアキン・フェニックスが役者引退を宣言!!

ホアキン・フェニックスが、役者を引退し、ミュージシャンに専念することが明らかになった。ホアキン本人が、新作『Two Lovers』のプロモーション中にテレビのインタビューに対し、「同作が役者として最後の作品になる」と宣言。信ぴょう性が得られてなかったが、続けて広報担当者が事実を明らかにした。ホアキンは伝説のカントリー・ミュージシャン、ジョニー・キャッシュを演じた『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演男優賞を受賞しており、役者としての評価も高い。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ