ジェレミー・レナー(Jeremy Renner)

2013年11月13日 (水)

ジャスティン・リン、「ボーン」シリーズ最新作の監督へ

ジェレミー・レナー

『ワイルド・スピード EURO MISSION』のジャスティン・リン監督が「ボーン」シリーズ最新作でメガホンを取ることになった。「ワイルド・スピード」シリーズ4作でメガホンをとったリン監督が、ジェレミー・レナーがアーロン・クロス役を続投する人気スパイシリーズ最新作に向けて、製作のユニバーサル側から監督に抜擢されたようだ。ジャスティンは2009年の『ワイルド・スピード MAX』で「ワイルド・スピード」シリーズを一躍大人気シリーズへと変貌させ、2011年の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を経て今年公開された『ワイルド・スピード EURO MISSION』では、全世界で8億ドル(約790億円)の興行収入を記録した。しかし、ユニバーサル側がシリーズ第6弾公開のわずか1年後にシリーズ第7弾の公開を設定したため、ジャスティンは『ワイルド・スピード7』の監督からは降板していた。

2013年5月21日 (火)

ジェレミー・レナー、今後のマーベル映画でホークアイ役から降板へ!?

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、今後マーベル・スタジオ製作による一連の映画でホークアイ役から降板するのではと噂されている。昨年の大ヒット作『アベンジャーズ』でホークアイに抜擢されたにも関わらず自身のキャラクターに対して否定的なコメントを繰り返していることから、マーベル側がそれを不満に感じているという。そのためか、マーベルが第2の波と位置づけている今後の新作群においてジェレミーの名は挙がっていない。昨年にもジェレミーは、トム・ヒドルストンが演じた悪役ロキのせいで『アベンジャーズ』の登場シーンの大半でホークアイは感情的な中身のない、限定されたキャラクターに成り下がってしまったと語っていた。ジェレミーが2015年に公開を予定している『アベンジャーズ2』で続投する可能性はごくわずかで、別の俳優がホークアイ役としてキャスティングされる可能性が高いとか。

2012年10月26日 (金)

ジェレミー・レナー、新作『Imagine』でジュリアン・ムーア、アル・パチーノらと共演へ

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、新作『Imagine』でジュリアン・ムーア、アル・パチーノらと共演することが決定した。本作ではアルが1970年代に活躍した老齢のロッカー、ダニー・コリンズを演じ、ある日、19歳の時の自身に届けられるはずだった未配達のジョン・レノンからの手紙を発見したのをきっかけに、未だかつて会ったことの無かったジェレミー扮する息子に会って親子の絆を取り戻そうとする物語。ジュリアンは、アル演じる主人公が住み着くニュージャージーの小さなホテルのオーナーを演じるとか。脚本家ダン・フォーゲルマンの監督デビュー作となる本作は本来、スティーブ・カレルが主演する予定だった。クランクインは来年春を予定している。

2012年9月18日 (火)

『ボーン・レガシー』『Ted』の続編製作と3D版『ゴジラ』の全米公開日が公表

ジェレミー・レナー『ボーン・レガシー』『Ted』の続編製作と、3D版『ゴジラ』の全米公開日が公表された。まず、9月28日に日本でも公開予定の『ボーン・レガシー』と、マーク・ウォールバーグ主演の『Ted』の2作について、ユニバーサル・ピクチャーズのスティーブ・バークCEOが今回、続編製作を発表した。バーク氏はスタジオ側としてできる限り早く『Ted 2』の製作開始を望んでいると語っている。一方のワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズは、新作の3D版『ゴジラ』の全米公開日を2014年5月16日と発表した。『モンスターズ/地球外生命体』でお馴染みのギャレス・エドワーズがメガホンを取る同作は、デヴィッド・キャラハム、デヴィッド・S・ゴイヤー、マックス・ボレンスタインらが脚本を手掛けている。

2012年8月21日 (火)

ジェレミー・レナー、カーダシアン一家を酷評

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、カーダシアン一家を“才能ゼロ”と酷評したようだ。ジェレミーは、冠TV番組「Keeping Up with the Kardashians」を持つカーダシアン一家に対し、何か特別な才能があるのではなく、ただ私生活が名前を売っているだけと辛辣に批判した。ジェレミーは俳優として成功するまで長年苦労を重ねており、ホームレスも経験している。「でも今じゃ僕はタキシードを着てオスカーの授賞式に行けるようになっているけどね。家に水道も引いてなかったから、コーヒーショップで歯磨きしていたくらいだったよ。でも今じゃ、ずっと尊敬していたジャック・ニコルソンが僕の目の前にいて、僕の名前を呼んでくれるくらいだからさ。“神様、僕の家族が見れるような大きな映画館で僕の演技が映し出されることが、僕が本当にやりたかったことだったんだ”っていう感じなんだ。」「有名人の決まり文句みたいだけど、正直有名にはなりたくなかったんだ。僕は誰しもが有名にになりたいって願っているとは思わないな」そんなジェレミーが主演した『ボーン・レガシー』は、9月28日に日本でも公開予定。

2012年7月26日 (木)

ジェレミー・レナー、新作でウィキリークスのジュリアン・アサンジ役に!?

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、新作でウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジ役を演じる可能性が出てきた。ジュリアンをモデルにした作品を製作予定のドリームワークスは、ジェレミーにアサンジ役をオファーし、監督には『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2』でメガホンを取っているビル・コンドンの起用を考えているという。今回のオフォーに対して、ジェレミーはかなり興味を示しているようだ。本作は、デヴィッド・リーとルーク・ハーディングの共著「ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争」とダニエル・ドムシャイト・ベルグ著「ウィキリークスの内幕」を基に映画化される見込みだ。そんなジェレミーが主演したリブート作『ボーン・レガシー』は9月28日に日本でも公開予定。

2012年7月20日 (金)

ジェレミー・レナー、FBIエージェントの活躍を描く最新作でクリスチャン・ベールの代役に!?

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、FBIエージェントの活躍を描く『American Bullshit』で、クリスチャン・ベールの代役を務めることになりそうだ。『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作で、以前、クリスチャンが主人公を演じる方向で出演交渉が進められていたものの、今回、クリスチャンに代わって、ジェレミーが主人公のFBI捜査官役で出演交渉中にあるという。さらに主役のキャスティング変更のほか、映画のタイトルも『American Bullshit』から変更される模様だ。本作にはすでにブラッドリー・クーパーの出演が決まっており、アンナプルナ・ピクチャーズ社が資金調達を引き受け、デヴィッドは来年2月にも撮影を開始する予定とか。そんなジェレミーは、『Hansel And Gretel: Witch Hunters』が来年3月15日に全米公開予定だ。

2012年1月10日 (火)

ジェレミー・レナー、タイで乱闘に巻き込まれる

ジェレミー・レナータイのナイトクラブで男性1人が首を負傷するという乱闘騒ぎに、ジェレミー・レナーが巻き込まれたようだ。タイのプーケットにある地元のナイトクラブに、友人と訪れたジェレミー。夜を楽しんでいたはずが、最悪な夜に一転してしまった。ジェレミーの友人で、現地の高級ホテル、スリパンワ・リゾートの総支配人を務めるヴォラシット・イサラさんが床にグラスを落としたことがきっかけで、騒動に発展したという。そのナイトクラブの従業員と思われる6人の男がジェレミーとその友人たちに暴行を加え、イサラさんは斧で首を切られた上に、ナイフで腹部を刺されたという。今回の事件で、ジェレミー本人は無傷だったそうだ。また、乱闘に発展する前に、イサラさんと従業員の間で口論が起こっていたことも報告されている。現地当局は、騒動を始めた従業員6人の逮捕を発表している。

2011年4月28日 (木)

ジェレミー・レナー、『The Bourne Legacy』 主演へ?

ジェレミー・レナージェレミー・レナーが、ジェイソン・ボーンの登場しない「ジェイソン・ボーン」シリーズ最新作『The Bourne Legacy』の主役のオファーを受けているようだ。これまでにも『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー、『ウォール・ストリート』のシャイア・ラブーフら数多くの俳優が候補に挙がってきたが、ユニバーサル・ピクチャーズは『ハート・ロッカー』で知られるジェレミーにこの役を依頼したという。この新作アクション映画でジェレミーは、ジェイソン・ボーンよりも更に危険な任務に動くスパイを演じる。本作は9月からの製作が予定されているため、ジェレミーはすぐにでも契約を交わすものと見られている。この役柄にぴったりの俳優を探すため、8週間に渡って行なわれたテストには、ジェレミー以外にもジェームズ・フランコやジェイク・ギレンホールなどの大スターも参加していたようだ。

2010年12月 8日 (水)

ジェレミー・レナーが、「ミッション・インポッシブル」の顔に

「ミッション・インポッシブル」シリーズ第4弾『Mission: Impossible-Ghost Protocol』に準主役で出演しているジェレミー・レナーが、第5作目以降、トム・クルーズから主役を引き継ぐ可能性が高いことがわかった。『Mission: Impossible-Ghost Protocol』に関しては、撮影中のため多くを語れないと明言を避けていたジェレミーだが、プロデューサーのJ・J・エイブラムスとトムは、若手にシリーズを明け渡す構想を立てているようで、本シリーズが、ジェレミー主演として続いていくことが、ほぼ確実視されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ