ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)

2017年5月24日 (水)

ジェニファー・ローレンス、『X-MEN』新作に出演か?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが「X-MEN」シリーズの新作となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』に出演する可能性が出てきた。ジェニファーは2011年作『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』以来、レイブン・ダークホルムまたの名をミスティーク役をマーベル・コミックスの人気実写版映画の中で演じてきたが、昨年公開された『X-MEN: アポカリプス』で出演契約が満了を迎えていた。しかし同シリーズのプロデューサー陣はミスティーク役を演じるジェニファーが再びマグニート役を演じるマイケル・ファスベンダーと共に新作に戻ってくることを示唆している。その一方で最近、『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるソフィー・ターナーがシリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』でジーン・グレイ役を続投すると報じられていた。

2016年12月13日 (火)

ジェニファー・ローレンス、ハワイの人々に謝罪

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、ハワイのヒーリングストーンでお尻を掻いたと先日発言した件について謝罪コメントを出した。ジェニファーはハワイで『ハンガー・ゲーム』の撮影中、神聖とされる石でお尻を掻いたことで石が落ちそうになり、危うくスタッフの1人を殺してしまうところだったというエピソードを明かしていたが、それに対してハワイの人々から怒りを買っていた。それを受けジェニファーはフェイスブックにハワイの人々を侮辱するつもりは一切なかったとしながらも、受け取られ方は笑い事ではなかったと理解しているとして謝罪文を投稿した。

2016年11月11日 (金)

ダーレン・アロノフスキー監督、ジェニファー・ローレンスを賄賂に選挙投票を促進!?

ジェニファー・ローレンスダーレン・アロノフスキーが、恋人のジェニファー・ローレンスを使って米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏への投票を呼びかけていたそうだ。11月8日、アロノフスキー監督はノースカロライナ州デューク大学で、ジェニファーフェイスタイムで話をする権利を与える代わりに大統領候補者であったクリントン氏へ投票するように学生に促したようだ。その場にいた人物のツイッターにはアロノフスキー監督が、ガウンを着たジェニファーとフェイスタイムで繋がっている携帯電話の画面を見せている写真などが投稿されている。さらにアロノフスキーは学生たちを大学内の投票場に車で送り届けるなど尽力していたようだが、その努力もむなしく、ノースカロライナ州ではトランプが勝利を収めていた。

2016年11月 8日 (火)

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督とのキスを目撃される!

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督が、ニューヨークで夕食を楽しんだ後にキスをしている姿が写真に撮られた。最近、ロサンゼルスでデートをしている姿が何度も目撃されていることで交際が噂されている2人が11月2日、ニューヨークの街中で手を繋いでキスをしている写真が雑誌に掲載された。ハビエル・バルデムやミシェル・フェイファーらも出演するタイトル未定の新作映画をきっかけに、今年の夏に急接近したと言われる2人は、互いに私生活への注目を望まないことから、ジェニファーの以前の恋人であるコールドプレイのクリス・マーティンとの時よりストレスのない交際を送っていると言われている。現在のところどちらも交際を正式に認めているわけではないが以前、ジェニファーはインタビューの中で理想の男性は自分自身に感銘を与えてくれる人だと明かしていた。

2016年10月19日 (水)

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督と密かに交際中?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキーが密かに交際しているという。最近、ロサンゼルスでデートをしている姿が何度も目撃されていることで2人の交際が噂されている。ハビエル・バルデムやミシェル・フェイファーらも出演するタイトル未定の新作映画をきっかけに、今年の夏2人が急接近したと言われている。しかしジェニファーにとって映画監督との熱愛が報じられることはダーレンが初めてではなく、昨年にはガブ・ポルスキーとの交際も噂されていたことがあり、昨年4か月間交際したコールドプレイのクリス・マーティンとの破局以来始めての熱愛報道となる。その一方でダーレンは10歳の息子ヘンリー君を共にもうけ、5年間婚約していたレイチェル・ワイズと2010年に破局しており、レイチェルはその後ダニエル・クレイグと結婚している。

2016年8月24日 (水)

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に!

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、2年連続世界で最も稼いだ女優に輝いた。フォーブス誌が毎年発表するこのランキングで1位に輝いたジェニファーは、2015年6月から2016年6月の間に4600万ドル(約46億円)を稼ぎ出したという。昨年度の5200万ドル(約52億円)の収入からは11.5%減となっているが、それでも2年連続でトップの座を守り抜いた。「ハンガーゲーム」シリーズ最新作による収入や新作『パッセンジャーズ』の前払い分の出演料がこの高額収入に大きく貢献したとみられるジェニファーは、2位のメリッサ・マッカーシーに1300万ドル(約13億円)の差をつけている。しかしメリッサは現在日本で公開中の『ゴーストバスターズ』から得た収入が大きく、去年よりも1000万ドル(約10億円)多い3300万ドル(約33億円)を稼いだ。一方で男女間に出演料の格差は残っており、2000万ドル(約20億円)以上の収入を得た女優は昨年度の3人に比べ4人とアップしたものの、2000万ドル以上の収入が18人もいる男優とは大きな差が出る結果となった。

2016年6月14日 (火)

ジェニファー・ローレンス、「セラノス」創業者エリザベス・ホームズ役に

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、血液検査技術でゆれるベンチャー企業「セラノス」の創業者エリザベス・ホームズを題材にした新作映画で主演を務めることが決定した。アップル社の創立者である故スティーブ・ジョブスと同じく、スタンフォード大学を中退したホームズがCEOを務めるセラノスは、2003年の創業当時に従来の注射による血液採取ではなく、一滴の血液をもとに行うことができる画期的な血液検査技術を持つとし、2年前まではその市場価値は900万ドル(約9億5500万円)ともいわれていた。しかし同社は現在、不正確なテスト結果を提示し、血液検査技術の信頼度を誇張しているとされ調査を受けている状況で、一時期は45億ドル(約4770億円)といわれていたホームズの個人純資産も急落した。そんなホームズの姿を描く同作には、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞を獲得したアダム・マッケイが監督の座に就任している。

2016年4月12日 (火)

ニック・ジョナス、ジェニファー・ローレンスにアタック?

ニック・ジョナスニック・ジョナスは、ジェニファー・ローレンスと付き合いたいのだそうだ。ケイト・ハドソンとの熱愛説が囁かれるニックだが、どんな男性でもジェニファーと付き合いたいと思うのは明らかなため、自分もそう思うことに説明は必要ないだろうと英キャピタルFM番組内のゲームで明かした。またニックはジェニファー・ロペスともデートをしてみたいと口にしたものの、良い友人なため本当に付き合うことになったら奇妙な気分になるだろうと説明している。「彼女は仲間みたいなもんなんだ。友達だから親密な話になるのは奇妙な気分だけど、一般的に言えばもちろん付き合ってみたいよね。彼女は素晴らしい人だし、友達と呼べてうれしいよ」しかしこのゲームの中でニックはゼイン・マリクと交際中のジジ・ハディッドについては「ノー」の回答をしており、「兄貴(ジョー)が付き合ってたから、それはないね」と説明していた。

2016年1月19日 (火)

ジェニファー・ローレンス、エイミー・シューマーの恋人に太鼓判

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、エイミー・シューマーの恋人に太鼓判を押している。ジェニファーは友人であるエイミーの新恋人である家具デザイナーのベン・ハニッシュをとても気に入っているそうで、『エクストラ』で「ベンは最高よ。すごくかっこよくて、最初見た時は『おおー』って思っちゃったわ。彼ってとにかく優しくて、あんなにかっこいいんだからあそこまで良い人じゃなくてもいいのにね」と称賛した。エイミーとベンはつい先日その関係を公にしたばかりだが、今月10日に行われたゴールデン・グローブ賞の場で2人が愛し合っているとエイミーは公言していた。同式典で『トレインレック』の演技でコメディ部門の主演女優賞にノミネートされていたエイミーは、受賞こそジェニファーに譲ったものの、私生活での成功が偉業だと『エクストラ』で話した。その一方でジェニファーはエイミーを押さえて自分が受賞したことに驚いたそうで、「エイミーは大丈夫よ。別に申し訳ない気はしなかったわ。だって彼女は面白おかしいから今後たくさんの賞を勝ち取るでしょうしね。ただ私はエイミーが受賞すると思っていたから、とにかく驚いたわ」とコメントしていた。

2015年11月30日 (月)

ジェニファー・ローレンス、コメディ映画の監督を熱望

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスは、コメディ映画の監督を夢見ているそうだ。アカデミー賞受賞女優を受賞したジェニファーはハリウッド映画界で最も引く手あまたの俳優の1人となっているが、究極の夢はカメラの反対側に立つことだそうで、長年それを夢見ていると明かした。しかし業界内で高い評価を得ているにも関わらず、実際にメガホンを握ってみる自信がついたのは最近になってからだそうで、やっと挑戦してみる準備が出来たと感じる今、『Project Delirium』という作品で監督をやってみる気になったのだという。そんなジェニファーは友人であるエイミー・シューマーと共にコメディ映画を執筆中でもあるそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ