ジャン=クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme)

2015年3月24日 (火)

ジャン=クロード・ヴァン・ダムの妻、離婚を申請

ジャン=クロード・ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダムの妻が、離婚を申請した。すでに自立している2人の子供を持つジャンと元ボディビルダーの妻のグラディス・ポルトギーズ・ヴァン・ダムは、3月7日から別居を始めたようで、グラディスは15年の結婚生活に終止符を打つために提出された裁判書類の中で和解しがたい不和があるとしている。グラディスは配偶者扶養を要求するするとともにジャンの苗字「ヴァン・ダム」を使用しないことを考慮しているという。 2人には1987年から1992年にも結婚生活を送った後に一度破局した過去があり、ジャンはその後3人の女性との結婚を経て、グラディスとの再婚に踏み切っていた。

2014年12月 4日 (木)

ジャン=クロード・ヴァン・ダム、『キックボクサー』リメイク版に出演へ

ジャン=クロード・ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダムが、『キックボクサー』のリメイク版に登場するようだ。1989年作のオリジナル作品にヴァン・ダムは、不敗のタイ王者トン・ポーとの残忍な試合の末に体が麻痺してしまった兄のために復讐を企てるムエタイ・キックボクシングを学ぶプロの格闘家、カート・スローンとして出演していた。『マッハ!!!!!!!!』のトニー・ジャーがアラン・マウジー演じるカートにトレーニングを行う武術の師範役を演じる予定だったのだが、トニーの降板後、ヴァン・ダムが同役を演じることになったという。WWEの現役レスラーでもあるデイヴ・バウティスタがトン・ポー役を務めることになっており、リメイク版の中ではトンはカートの兄を試合中に殺してしまう設定になっているようだ。ジョン・ストックウェルが同作のメガホンを取ることになっており、タイでの撮影の前にまずは今週からニューオリンズで撮影がスタートするという。オリジナル作品は当時150万ドル(約1億8000万円)で製作された作品だったが、アメリカ全土で興行収入1500万ドル(約18億円)をたたき出していた。

2012年8月16日 (木)

ジャン=クロード・ヴァン・ダム、カイリー・ミノーグとの情事を激白!

ジャン=クロード・ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダムが、カイリー・ミノーグとの情事を告白した。『エクスペンダブルズ2』のプロモーション活動で忙しいヴァン・ダムは、1994年の映画『ストリートファイター』で共演した当時から噂になっていたカイリーとの熱愛を、今回初めて認めた。さらにヴァン・ダムは、カイリーとの情事を“美しい”と表現し、気持ちを抑えるのは難しかったと当時を振り返った。ただヴァン・ダムが当時、他のパートナーがいた上での不倫だったかは分かっていない。1994年に公開された『ストリートファイター』がいつ撮影されたかは不明だが、ヴァン・ダムは3度目の妻と1992年まで結婚しており、その後1994年の2月に4度目の結婚をして、1999年には1992年に分かれた3度目の妻と再婚を果たしている。

2011年6月24日 (金)

ジャン=クロード・ヴァン・ダム、誘拐アクション映画で復活を図る!?

ジャン=クロード・ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダムが、新作映画『Six Bullets』で主役を演じることになった。アクションスターとしての復活を目指すヴァン・ダムが、『CUBE2』『CUBE ZERO』のアーニー・バーバラッシュ監督とタッグを組んで取り組む本作は、誘拐事件を専門とする元傭兵が、失踪した娘を探している格闘家に雇われるという内容。ヴァン・ダム、そしてバーバラッシュとプロデューサーのブラッド・クレヴォイが、モーション・ピクチャー・コーポレーション・オブ・アメリカ社(MPCA)と共にプロデュースを務める。3年前に監督・主演した『The Eagle Path』がようやく10月にDVD化されることになったヴァン・ダムは、この作品が成功することを心から願っているに違いない。

2011年4月11日 (月)

ジャン=クロード・ヴァン・ダム、試合に集中

ジャン=クロード・ヴァン・ダムジャン=クロード・ヴァン・ダムは、映画界に復帰するよりも格闘家としての道を選んだそうだ。長年に渡るハリウッドの“ブラックリスト”入りを経て、ようやく映画の仕事が舞い込んでくるようになったというジャン=クロード。しかし現在は、29年ぶりの試合となる、タイ出身のボクサー、ソムラック・カムシンとの戦いに向けてトレーニングに集中しているのだという。そんなジャン=クロードは、『タイムコップ』の後に3部作ものの話が出た際、1作につき700万ポンド(約9.7億円)と言われたところ、酔った勢いでジム・キャリー並の1200万ポンド(約17億円)を要求し、ハリウッドのブラックリストに載るに至ったというエピソードを明かしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ