ジャン=マルク・ヴァレ(Jean-Marc Vallée)

2022年4月17日 (日)

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』ジャン=マルク・ヴァレ監督、死因は自然死と判明

ジャン=マルク・ヴァレジャン=マルク・ヴァレ監督の死因は突然死だったという。昨年のクリスマス(12月25日)に58歳で突然死したヴァレの遺族が、「重度の冠状動脈硬化症による致命的な心不整脈」により同監督が他界したことを発表した。ヴァレは、カナダのケベック・シティー郊外の山小屋で死去、その後間もなく制作パートナーのネイサン・ロスが追悼の言葉を発表、ヴァレを「真のアーティスト」と称えてた。 カナダ出身のヴァレは、脚本家、プロデューサー、編集者、監督として活躍、脚本と監督を担った『C.R.A.Z.Y.』で注目を集めた後、2014年の『ダラス・バイヤーズ・クラブ』ではアカデミー賞編集賞にノミネートされたほか、監督と制作を手掛けた『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1では、エミー賞に2度輝いた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ