ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)

2017年3月 6日 (月)

ジェーン・フォンダ、レイプ被害の過去を告白

20170306_janefondaジェーン・フォンダが、過去にレイプ被害に遭っていた事を告白した。ジェーンは子供の頃に性的虐待に遭っていたことを明かし、最近までこの出来事が自分のせいで起きたのだと考えていたと語っている。『コールガール』『帰郷』で2度のアカデミー賞受賞歴を持つジェーンは、来週8日(水)の国際女性デーを記念して行われたブリー・ラーソンとの対談の中で、父権制度の中でレイプや性的虐待の過去や、ボスと体の関係を持たなかったことで仕事をクビにされた経験などがあったことを明かし、当時は自分が間違った行動を起こしたのだと思い込んでいたが、女性運動の中でそういった被害に遭ったことが自分たちのせいではないことを気づかせてくれたと語った。

2011年7月20日 (水)

ジェーン・フォンダ、TV側から出演をドタキャンされる

ジェーン・フォンダジェーン・フォンダがベトナム戦争に反対してからおよそ40年経つが、通販チャンネルQVCはそのことを不快に感じる視聴者からのクレームを恐れ、ギリギリになってジェーンの出演を取りやめた。ジェーンは新作著書「プライム・タイム」の宣伝の為、同局の番組に出演する予定だった。しかし、彼女のベトナム戦争に対する意見を批判するたくさんの電話が入り、出演すれば番組の視聴をボイコットするという脅しがあったため、QVCが出演を止めさせたという。ジェーンは、1972年に北ベトナムを訪れた際、アメリカ軍機を撃墜するための高射砲に座っているところを写真に撮られ、「ハノイ・ジェーン」とまであだ名を付けられた件は、長年に渡りジェーンの足かせとなっている。この件に対してジェーンは、噂は全て嘘で、母国を愛していると反論しているが、保守派の退役軍人やその家族からは相変わらずの態度をとられているようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ